きょう3日(文化の日)は、九州から東北南部にかけては晴れて、夏日地点(最高気温25℃以上)が続出するでしょう。最高気温は福岡市や金沢市では27℃、富山市は28℃と暑いくらいになりそうです。東北北部や北海道は所々で雨や雷雨になるでしょう。

九州〜東北南部は秋晴れ 東北北部と北海道は雨や雷雨

画像A

きょう3日も西日本と東日本付近は高気圧に覆われるでしょう。九州から東北南部、東北北部の太平洋側は秋晴れで、お出かけ日和となりそうです。

一方、北日本には日本海から前線が近づいてくるでしょう。前線に向かって流れ込む暖かく湿った空気や上空の寒気の影響により、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。東北北部の日本海側は雲が多く、午後は所々で雨や雷雨になりそうです。夜は局地的に激しい雨が降るでしょう。北海道の日本海側は昼頃から雨が降り出し、太平洋側やオホーツク海側も夕方から所々で雨が降りそうです。竜巻などの激しい突風や落雷、ひょう、急な強い雨にご注意ください。また、北海道では南風が強まり、日本海側北部では昼過ぎまで暴風に警戒が必要です。

沖縄は大体晴れますが、先島諸島では、にわか雨の所があるでしょう。

夏日地点続出 11月とは思えない暑さ

最高気温は全国的に平年より高いでしょう。

沖縄や九州から東北南部は夏日地点(最高気温25℃以上)が続出しそうです。最高気温は、福岡市や金沢市は27℃、富山市は28℃と日差しのもとでは暑いくらいでしょう。名古屋市は26℃と2日連続の夏日となりそうです。名古屋市で11月に2日連続で夏日になれば、126年ぶりのこととなります。東京都心も25℃と夏日予想で、11月に夏日になれば、14年ぶりのこととなります。仙台市も25℃予想で、11月に夏日になれば、統計開始以来、初めてのことです。

11月としては異例の暑さとなりそうです。空気は乾燥していて、カラッとした陽気ですが、体を動かす際は油断せずに、こまめな水分補給を心がけてください。