連休明けは発達する低気圧の影響で北日本から西日本で雨や風が強まり、荒れた天気となる恐れがあります。6日(月)頃までは、11月としては記録的な高温となりますが、7日(火)以降は暑さは次第に収まりそうです。11月中旬は朝晩を中心に冷え込むでしょう。

3連休明けは雨や風が強まり荒天の恐れ

画像A

4日(土)は北海道から北陸は昼頃まで所々で雨が降るでしょう。関東以西は晴れる所が多くなりそうです。5日(日)は前線を伴った低気圧が朝鮮半島付近に進んでくるでしょう。全国的に晴れ間は出ますが、湿った空気の影響で、雲が広がりやすい見込みです。一時的に雨の降る所もありそうです。

6日(月)から7日(火)は低気圧が発達しながら日本海からオホーツク海を北東へ進み、低気圧から延びる前線が北日本から西日本を通過するでしょう。北海道から九州にかけて日本海側を中心に雨や風が強まり、荒れた天気となりそうです。北海道や東北では大荒れの天気や大雨となる恐れもあります。

8日(水)から9日(木)は高気圧に覆われて、広く晴れるでしょう。10日(金)は気圧の谷の影響で、関東から九州は所々で雨が降りそうです。

北海道は雪の降る日も 太平洋側は晴れる日が多い

画像B

11日(土)からは北海道や東北の日本海側、北陸は雲が多く、雨や雪の降る日が多いでしょう。北海道では平地でも雪の降る所がありそうです。冬用タイヤの準備を進めておくと良いでしょう。北海道や東北の太平洋側、関東以西はおおむね晴れる見込みです。

季節外れの暑さいつまで?

画像C

6日(月)頃までは関東以西は夏日地点(最高気温25℃以上)が続出するでしょう。11月としては異例の暑さとなりそうです。名古屋市は2日(木)に夏日になっており、6日(月)にかけて夏日が続く予想です。11月にここまで夏日が続けば、統計開始以来、初めてのことです。

7日(火)以降は夏日地点は少なくなりますが、関東は所々で夏日になりそうです。8日(水)以降は各地で暑さは収まるでしょう。11月中旬は関東から九州でも最高気温が20℃に届かない日が多くなりそうです。最低気温は次第に10℃を下回り、冷えるでしょう。北海道は日中も10℃に届かない日が増えて、グッと寒くなりそうです。季節の変わり目の時期、体調管理にご注意ください。