3連休初日のきょう3日・文化の日は、晴れた所が多く、季節外れの暑さになりました。あす4日〜あさって5日にかけても関東から西は晴天と暑さが続く見込みです。一方、東北ではあすは警報級の大雨となる可能性があります。今後の情報にご注意ください。

あす4日 関東以西に暖気 東北に前線

画像A

あす4日も、関東から九州にかけては南からの暖気の流れ込みが強く、気温の高い状態が続きます。予想最高気温は軒並み25℃を超えるでしょう。全国の夏日の地点数はきょう3日ほどではないものの、250地点を超えそうです。暑さ対策が欠かせません。

一方、東北や北陸は前線が通過する影響で、大気の状態が非常に不安定になりそうです。特に日本海側を中心に大雨となり、局地的に1時間に30ミリの激しい雨が予想されます。青森県の津軽や秋田県では大雨警報発表の可能性が「中」レベルです。土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。また、北陸でも急に強まる雨や落雷、突風などにご注意ください。

あさって5日 北日本は回復 西日本に湿った空気

画像B

あさって5日は、前線が北日本の東へ離れて、日本付近は北から高気圧に覆われる見込みです。北日本は太平洋側で雨の残る所がありますが、日本海側では天気が回復するでしょう。

関東から九州も晴れる所が多く、最高気温は東海から西で引き続き25℃以上となる見込みです。ただ、紀伊半島や四国、九州南部など西日本の太平洋側には湿った空気が入るため、所々でにわか雨があるでしょう。天気の急変にご注意ください。

暑さはいつまで? 来週は気温変動大

画像C

この先の気温の予想を見ると、関東〜九州にかけて夏日が続くのは6日(月)頃までになりそうです。6日(月)〜7日(火)にかけては全国的に雨が降り、この雨を境に気温が下がるでしょう。来週の後半は関東〜九州では晴れても20℃を少し超えるくらいで、季節外れの暑さは落ち着きそうです。

東北や北海道も来週の中頃には一時的に寒気が流れ込むでしょう。札幌市の最高気温が10℃くらいの日もあり、この時期本来の冷たい空気に包まれそうです。北海道の山沿いでは雪が降るくらいの寒さとなる所もあるでしょう。

各地、来週にかけて気温の変化が大きくなるので、服装選びや体調管理にはくれぐれもご注意ください。