連休2日目のきょう4日は、関東を中心に11月としては記録的な暑さとなりました。東京都心では午後3時までの最高気温が26.3℃と、11月としては46年ぶりに26℃台まで上がりました。連休最終日のあす5日も気温の高い状態が続く見込みです。

関東 最高気温の11月の観測史上1位が続出

画像A

きょう4日は、日差しと暖気の影響で、関東を中心に11月としては記録的な暑さとなりました。

午後3時までの最高気温は、横浜市で25.5℃と11月としては14年ぶりの夏日となったほか、千葉県銚子市では25.4℃と、1887年の統計開始以来最も遅い夏日となりました。

また、東京の羽田空港や練馬区、神奈川県小田原市、茨城県土浦市など関東の20地点以上で、最高気温が11月の観測史上1位となりました。

連休最終日のあす5日も気温高く 日中は暑さ対策を

画像B

あす5日の関東は、昼前後に一時的に雨の降る所があり、きょう4日ほど気温が上がらないものの、各地で最高気温が平年を大幅に上回る見込みです。

東京都心や横浜市、銚子市などは24℃と夏日に迫る陽気。湿度が高めなので、きょうより少しムシムシと感じられるかもしれません。連休最終日のお出かけもこまめな水分補給など暑さ対策が必要になりそうです。一方、北部では日中も21℃〜22℃くらいで、過ごしやすいでしょう。