メイン画像

連休明けの6日(月)〜7日(火)にかけては、急速に発達する低気圧の影響で、全国的に雨や風が強まる予想です。特に北日本を中心に台風並みの暴風が吹く恐れがあります。今後の情報に十分ご注意ください。

連休明け 低気圧が急速に発達 北海道は台風並みの暴風も

画像A

連休明けの6日(月)〜7日(火)にかけては、低気圧が急速に発達しながら日本付近に近づく見込みです。

日本海側を中心に風が強く、暴風が吹き荒れる所があるでしょう。特に北日本は荒れた天気で、北海道では6日に予想される最大瞬間風速は25〜35メートルと、台風並みの暴風が吹く可能性もあります。東北の日本海側や九州北部でも暴風警報発表の可能性が「中」レベルとなっています。

各地で雨も強まり、6日(月)は西日本を中心に、7日(火)は東〜北日本を中心に大雨となる所があるでしょう。特に低気圧に近い北海道の日本海側や、湿った空気が集まりやすい東海などで雨量が増える恐れがあります。

来週は次第に暑さ落ち着く 11日(土)は北海道の平地で雪も

画像B

8日(水)以降は低気圧が離れるとともに上空の暖気も抜けて、次第に暑さが落ち着くでしょう。関東〜九州は晴れても22〜23℃くらいの所が多くなりそうです。夏日は激減して、昼間は快適に過ごせるでしょう。

10日(金)頃には再び低気圧や前線が通過する影響で、全国的に雨が降るでしょう。この雨の後は北日本を中心に強い寒気が流れ込んできます。特に北海道の上空1500m付近には平地で雪の目安となる-6℃以下の寒気が入り、本格的に雪が降る可能性があります。

北日本は本格的な冬が近づいていますので、まだ冬用タイヤの準備をされていない方は早めに済ませた方がよさそうです。

最大瞬間風速35メートル(非常に強い風)とは?

画像C

気象庁では、風の強さと吹き方について、具体的なイメージで分かってもらえるよう、様々な表現をしています。

非常に強い風とは、平均風速が20m/s以上30m/s未満の風を表しています。時速だと、およそ70km〜110kmで、高速道路の自動車並みの速さです。これは、何かにつかまっていないと立っていられないような風で、車は通常の速さで運転するのが困難になります。このような風が吹くと、屋根瓦や看板が落下したり、飛散したりする恐れもあります。(なお、瞬間風速は平均風速の1.5倍程度になることが多く、時には3倍以上になることもあります。)

飛来物によって負傷する可能性がありますので、屋外での活動は警戒が必要です。非常に強い風が予想される場合には、植木鉢など飛ばされやすい物は屋内にしまいましょう。