きょう5日(日)も季節外れの暖気の影響で、11月として異例の暑さが続くでしょう。大阪市は27℃と2日連続の夏日となる予想で、11月に連日夏日になれば34年ぶりのこととなります。福岡市は27℃と5日連続の夏日となるでしょう。熊本市では30℃に迫る暑さに。一方、関東の暑さは少し落ち着きそうです。

季節外れの暑さが続く

11月としては記録的な高温が続いていますが、3連休最終日の5日(日)も季節外れの暖気が流れ込んでおり、異例の暑さが続くでしょう。

東海から西では夏日地点(最高気温25℃以上)が続出する予想です。最高気温は、名古屋市は26℃と再び夏日になるでしょう。大阪市は27℃と2日連続の夏日となる予想で、11月に連日夏日になれば34年ぶりのこととなります。福岡市は27℃と5日連続の夏日となる予想です。福岡市では11月の連続夏日記録をさらに更新する見込みです。また、熊本市では29℃と真夏日に迫る暑さとなる予想で、統計開始以来11月としては1位の最高気温を更新する可能性があります。

一方で、きのう4日は広く季節外れの夏日なった関東は暑さは少し落ち着くでしょう。最高気温は東京都心など23℃前後の所が多く、夏日からは解放される所が多くなりそうです。北陸は23℃くらい、東北は18℃前後で平年並みか高いでしょう。北海道は13℃ほどで、この時期らしい寒さとなりそうです。

気温と服装の目安は

画像B

上の図は気温と服装の目安です。人により暑さや寒さの感じ方が異なるため、あくまで目安ですが、服装選びの参考になさってください。

① 25℃以上
少し歩くと汗ばむくらいで、半袖がちょうどよくなります。
② 20℃以上25℃未満の場合
多くの人が過ごしやすいと感じる気温で、長袖シャツ一枚で快適に過ごすことができます。
③ 15℃以上20℃未満
空気がヒンヤリと感じられるようになり、長袖シャツにカーディガンを羽織るなど重ね着が必要になってきます。
④ 10℃以上15℃未満
気温が15℃未満になると、セーターなど厚手のものが活躍し、トレンチコートなどアウターが必要になります。
⑤ 5℃以上10℃未満
本格的な寒さで、冬物のコートの出番です。コートの中にも暖かなセーターを着るなど寒さ対策が必要です。
⑥ 5℃未満
厳しい寒さで、万全な防寒対策が必要です。ダウンコートにマフラーや手袋なども使って、寒さから体を守りましょう。

お出かけの時間帯でも最適な服装が変わってきますので、服装指数も参考になさってください。