連休明けは前線や低気圧の影響で、全国的に荒れた天気となるおそれがあり、注意が必要です。

北海道は大荒れのおそれ

大陸にある前線を伴った低気圧が、あす6日から7日にかけて、発達しながら日本付近を通過する見込みです。

低気圧が近くを通過する北海道は6日の夕方以降、日本海側を中心に激しい雨や雷雨となりそうです。また、各地で風が強まって、海は大シケとなる予想です。北海道地方で7日に予想される波の高さは、6メートルの見込みです。

低気圧の発達の程度やコースによっては、警報級の大雨となったり、瞬間的に35メートルほどの暴風が吹くおそれがあり、警戒が必要です。

東北〜九州も荒天に

画像B

東北〜九州では7日にかけて、低気圧に伴う前線が通過する見込みです。前線の通過のタイミングを中心に雨や風が強まり、広範囲で荒れた天気となりそうです。

西日本で今夜遅く〜あす6日、東日本で6日〜7日午前、東北で6日〜7日にかけて、雨や風のピークとなる見込みです。

特に前線の通過時は、局地的に激しい雨や非常に激しい雨となり、落雷や竜巻などの突風が発生するおそれがあり、今後の気象情報に注意してください。

また、東北や北陸の海上では波が高くなり、7日に予想される波の高さは6メートルとなっています。