きょう6日(月)から7日(火)は発達する低気圧や寒冷前線の影響で、西日本から北日本は大気の状態が非常に不安定になるでしょう。積乱雲が発達して、局地的に非常に激しい雨の降る所がありそうです。風も強まり、荒れた天気となるでしょう。

6日〜7日 大気の状態が非常に不安定に

画像A

きょう6日(月)、朝鮮半島付近には、前線を伴った低気圧があって東北東に進んでいます。低気圧は、発達しながらあす7日(火)にかけて日本海からオホーツク海に進み、寒冷前線が西日本から北日本を通過するでしょう。

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となる予想です。落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。特に、寒冷前線の接近や通過に伴って、積乱雲が発達して、短い時間に雨が強まる恐れがあります。局地的な激しい雨や非常に激しい雨に注意が必要です。

各地の雨のピークは?

画像B

【九州・中国地方】きょう6日(月)の昼過ぎから夕方にかけてが雨のピークとなるでしょう。雷を伴って激しい雨の降る所もありそうです。

【四国】あす7日(火)の未明にかけて断続的に雨が降るでしょう。きょう6日(月)の朝晩を中心に活発な雨雲や雷雲がかかり、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。

【近畿・東海】きょう6日(月)の昼頃から次第に雨が降り、今夜からあす7日(火)の明け方にかけて激しい雨や雷雨の所がありそうです。静岡県ではあす7日(火)の朝も激しい雨に注意が必要です。

【北陸】6日(月)の夜から7日(火)の明け方にかけて雨や雷雨で、雷を伴った激しい雨の降る所があるでしょう。

【関東・東北】きょう6日(月)は雲が多く、朝晩は所々で雨が降るでしょう。雨のピークはあす7日(火)の未明から朝の所が多いですが、沿岸部は昼前まで活発な雨雲や雷雲がかかる予想です。急な激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。

【北海道】きょう6日(月)は日本海側から雨が降りだし、今夜からあす7日(火)も断続的に雨が降る予想です。今夜からあす7日(火)の明け方が雨のピークで、激しい雨や雷雨に注意が必要です。

また、きょう6日(月)から西日本から北日本では沿岸部を中心に風が強まり、荒れた天気となるでしょう。横殴りの雨になる所もありそうです。交通機関への影響にも注意が必要です。特に東北や北海道ではあす7日(火)は海上を中心に暴風が吹き、海上は大しけとなる恐れがあります。暴風や高波に警戒してください。

非常に激しい雨とは?

画像C

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上〜80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

なお、1時間に50ミリの雨というのは、雨水が別の場所に流れず、そのまま、たまる状態だと、降った雨が50ミリの高さになるくらいです。1時間に50ミリの雨が、1平方メートルに降ると、50リットルの量になります。例えば、傘を開いた面積がおおむね1平方メートルなので、1時間、傘をさしていると、牛乳パック50本分もの雨が、傘にあたることになるのです。

ただ、実際は、まわりの雨水が集まると、その地点に降った雨の量よりも多く、水がたまることもあります。非常に激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に、十分ご注意ください。