きょう6日(月)の夜からあす7日(火)の通勤時は、四国や近畿から北海道で雨の降り方が強まる所があるでしょう。警報級の大雨となる所も。局地的な激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風に注意を。東北や北海道は暴風が吹き荒れる恐れがあります。

雨雲や雷雲が発達 警報級の大雨のおそれも

画像A

きょう6日(月)の夜からあす7日(火)にかけては寒冷前線が日本列島を通過します。また低気圧が北海道へ近づくでしょう。このため今夜の帰宅時間からあす朝の通勤時間にかけて雨の降り方の強まる所がありそうです。

九州北部では今夜は雨のピークを過ぎますが、九州南部や中国地方ではきょう21時頃まで雷雨や激しい雨の降る所があるでしょう。四国は今夜遅くにかけて、近畿はあす未明にかけて、東海や北陸はあす明け方にかけて激しい雨が降り、太平洋沿岸部では局地的に「非常に激しい雨」が降るおそれがあります。関東甲信や東北はあす朝の通勤時間が雨のピークで、激しい雨や横なぐりの雨となる所があるでしょう。北海道は午前中を中心に激しい雨や雷雨に注意が必要です。

7日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
東海地方 200ミリ
近畿地方 150ミリ
関東甲信地方、北海道地方 120ミリ
東北地方 100ミリ
の見込みです。

大雨により道路が冠水したり、アンダーパスなど低い所を通る場所に水が流れ込んだりすることが考えられます。車で移動する方は十分にお気をつけください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

暴風が吹き荒れる所も 海上は大しけに

画像B

北陸や東北、北海道では、あす7日(火)にかけて非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる所があるでしょう。非常に強い風とは、何かにつかまっていないと立っていられないくらいで、看板が落下するほどの風です。屋外にある飛ばされやすい物は、今夜のうちに室内にしまったり固定したりするとよいでしょう。

7日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
北海道地方、東北地方 23メートル(35メートル)
北陸地方       20メートル(30メートル)
7日に予想される波の高さは、
北海道地方、東北地方、北陸地方 6メートル
の見込みです。
暴風や高波に警戒が必要です。