きょう7日は前線が通過するため、局地的に非常に激しい雨。関東や東北は、朝の通勤通学が大雨のピークに。全国的に風が強く、北陸や東北、北海道は暴風や高波に警戒を。

局地的に「激しい雨」や「非常に激しい雨」

画像A

きょう7日昼過ぎにかけて、前線が東日本や北日本を通過するため、大雨になる所があるでしょう。関東や東北の太平洋側は、朝の通勤通学の時間が雨のピークに重なるため、時間に余裕をもってお出かけください。

近畿の雨は次第にやみますが、東海と北陸は朝まで雨の降る所が多くなりそうです。関東や東北、北海道も朝は広く雨で、昼頃まで雨の降る所があるでしょう。局地的に「激しい雨」や滝のような「非常に激しい雨」が降りそうです。東北や北海道の日本海側は、夜にかけても断続的に雨が降るでしょう。

【予想降水量(多い所)】
あす8日午前6時までの24時間
関東甲信・東北 80ミリ
東海・北海道 50ミリ

土砂災害や低い土地の浸水に警戒してください。また落雷や竜巻などの激しい突風が吹くおそれもあるため、空模様の変化に気をつけてください。

風の強い状態が続く

画像B

全国的に沿岸部ほど風が強く、強風にも注意が必要です。北陸や東北、北海道では、何かにつかまらないと立っていられないほどの「非常に強い風」が吹くでしょう。海上では波の高い状態が続きそうです。暴風や高波に警戒してください。

【風の予想】7日
最大風速(最大瞬間風速)
東北・北海道 23メートル(35メートル)
北陸 20メートル(30メートル)

【波の予想】7日
北陸・東北・北海道 6メートル

北または西風に変化 体感温度も低下

画像C

また南よりの風が強まっている所も、前線通過後は北または西よりのヒンヤリした風に変わるでしょう。体感もガラリと変わります。

最高気温は、きのう6日より低い所が多いでしょう。九州から東海は22℃前後の所が多く、異例の暑さは収まりそうです。北陸は19℃くらいで、日中も上着が必要でしょう。関東では最高気温が25℃以上の夏日の所が多いですが、夜はグッと冷えてきそうです。