きょう7日、東京都心は最高気温が25.0℃に達し、きのう6日に続いて夏日となりました。これで東京都心の夏日は今月3回目となり、1875年の統計開始以来、11月として過去最多記録を更新しました。11月に2日連続で夏日が観測されたのも、初めてのことです。

東京都心 今月3回目の夏日 11月として最多 2日連続も初

きょう7日(火)、関東地方は暖かな南風が吹いています。朝は雨がザっと強まりましたが、天気は回復に向かい、日差しとともに、気温が上昇しています。

東京都心は午前11時30分前に最高気温が25.0℃に達し、きのう6日(月)に続いて、夏日となりました。
これで東京都心の夏日は今月3回目となり、1875年の統計開始以来、11月として過去最多記録を更新しました。(これまでの最多記録は、1979年11月の2回。)
また、11月に2日連続で夏日が観測されたのも、初めてのことです。

ことしはこれで143回目の夏日となり、過去最多記録の日数を更にのばしました。(これまでの最多記録は、昨年2022年の140回。)

きょう7日が今年最後の夏日 あす8日以降、異例の暑さはおさまる

画像B

東京都心はきょう7日(火)が、今年最後の夏日となるでしょう。

あす8日(水)以降、関東の異例の暑さはおさまり、日中の最高気温は21℃くらいにとどまりそうです。
しばらく日中は過ごしやすい日が続きますが、10日(金)の雨の後は、上空に寒気が流れ込むでしょう。
週末は気温が下がり、12日(日)は広く日中でも15℃に届かず、11月下旬から12月並みの寒さになりそうです。これまで異例の暑さが続いただけに、体に堪えるでしょう。ニットなど暖かい服装をご準備ください。

また、きょう7日(火)は、次第に北風に変わり、夜は風が冷たく感じられるでしょう。上着が必要なくらいの肌寒さになりそうです。気温の変化にご注意ください。