きょう7日、暖かな南風が吹き込んだ関東や山梨県では広く11月とは思えない異例の暑さとなりました。甲府市や神奈川県小田原市で28℃以上となり、都心は27.5℃と100年ぶりに11月の最高気温を更新。あす8日は二十四節気の「立冬」。きょう7日が今年最後の夏日になるでしょう。

関東甲信は広く異例の暑さ 都心は27.5℃ 11月の記録更新

画像A

きょう7日(火)は、関東甲信地方には暖かな南風が吹き込むとともに、上空には暖気が流れ込みました。
寒冷前線の通過に伴って、午前中は雨が一時強まりましたが、天気は回復して日が差したため、関東地方や山梨県は広く11月とは思えない異例の暑さとなりました。

午後3時までの最高気温は、甲府市で28.4℃、神奈川県小田原市と千葉県佐倉市で28.1℃など、まるで夏に戻ったかのような暑さになった所もありました。
東京都心は27.5℃と100年ぶりに11月の最高気温を更新しました。(これまでの1位の記録は、1923年11月1日に観測された27.3℃。)
これで東京都心の夏日は今月3回目となり、1875年の統計開始以来、11月として過去最多記録を更新しました。(これまでの最多記録は、1979年11月の2回。)なお、都心ではきのう6日(月)に続いて夏日となり、11月に2日連続で夏日が観測されたのも、初めてのことです。

午後3時までに、全国のアメダス29地点で11月として1位の値を更新していますが、そのうち9割近くが関東地方と山梨県で占めています。

あす8日は二十四節気の「立冬」 週末は12月並みの寒さも

画像B

あす8日(水)は二十四節気の「立冬」で、暦の上では冬となります。
異例の暑さが続きましたが、きょう7日(火)が、今年最後の夏日となるでしょう。

あす8日(水)以降、関東の季節外れの暑さはおさまり、日中の最高気温は21℃くらいにとどまりそうです。乾いた秋の空気に入れ替わるでしょう。
10日(金)は雨で、その後は上空に寒気が流れ込む見込みです。このタイミングで気温がぐっと下がり、11日(土)は日中15℃くらい、12日(日)は日中でも12℃くらいで、一気に12月並みの寒さになる所もありそうです。

きょう7日(火)は東京都心や横浜市、千葉市など関東南部では9月中旬並みの暑さでしたが、5日後には12月中旬から下旬並みとなり、クリスマスの頃の寒さになる可能性も。朝晩は暖房が欲しくなるような冷え込みとなり、急な寒さが体に堪えるでしょう。暖かいコートなどをご準備ください。

また、きょう7日(火)は、次第に北風に変わり、夜は風が冷たく感じられるでしょう。上着が必要なくらいの肌寒さになりそうです。気温の変化にご注意ください。