きょう8日は、穏やかに晴れる所が多いでしょう。関東は前日より気温が下がり、異例の暑さは収束。北海道は風の強い状態が続きそう。

九州から関東甲信 穏やかな晴天に

画像A

きょう8日は高気圧に覆われて、広い範囲で晴れる見込みです。

沖縄や九州南部は、朝晩を中心に雲の広がる時間はありますが、おおむね晴れるでしょう。九州北部から関東甲信にかけては、日差しがたっぷりで、カラッとした陽気になりそうです。北陸は、朝のうちは曇りや雨の所がありますが、次第に晴れるでしょう。

東北は、太平洋側ほど晴れる時間が長くなります。北部の一部で雨雲がかかりますが、日中は天気が回復するでしょう。

北海道は気圧の谷の影響で、日本海側を中心に所々で雨が降りそうです。日本海側北部とオホーツク海側北部では、これまでの雨で地盤の緩んでいる所や増水している川があります。夕方にかけて、土砂災害や川の増水にご注意ください。また強風やうねりを伴った高波にも注意が必要です。

異例の暑さ 収まる

きょう8日は、関東の異例の暑さも収まり、日中は過ごしやすい陽気の所が多くなりそうです。

最高気温は、沖縄で27℃くらいと、日中は汗ばむ陽気でしょう。九州から東海は広く22℃前後で、上着なしで過ごせる気温です。

関東は20℃を少し超えるくらいで、昼間は快適に過ごせるでしょう。きのう7日よりも大幅に低い所もありますが、それでも平年より高い見込みです。北陸や東北は15℃から18℃くらい、北海道は10℃前後の所が多いでしょう。この時期らしい気温に戻りそうです。

きょうは二十四節気の立冬ですが、本格的な冬の到来はもう少し先になるでしょう。