メイン画像

広い範囲の晴天は長続きしません。あす9日(木)の夜は、九州や四国、北海道の一部で雨が降り出すでしょう。10日(金)は全国的に雨で、雨量が多くなるおそれがあります。大気の状態が不安定となるため、短時間強雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。

あす9日(木)夜 低気圧や前線が近づく

画像A

あす9日(木)は、日中は高気圧に覆われて全国的に晴れるでしょう。ただ、広い範囲での晴天は長続きしません。夜には西から前線が近づき、北日本にも別の前線を伴った低気圧が近づくため、九州や四国、北海道の一部で雨が降り出す見込みです。

10日(金)は全国的に雨 短時間強雨・落雷・竜巻など突風のおそれ

画像B

10日(金)は、日本付近を低気圧や前線が通過するため、全国的に雨が降るでしょう。北日本は寒冷前線に伴う雨雲がかかるため、大気の状態が非常に不安定となりそうです。前線が通過する10日(金)日中を中心に、短時間に降る強い雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。

西日本や東日本では、暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側を中心に雨量が増えるおそれがあるため、最新の情報をチェックして下さい。この雨を境に、師走並みの寒気が南下し、今週末はグッと冷え込みが強まるでしょう。

今週末 師走並みの寒気南下

画像C

今週末は、平地で雪の目安の寒気が北海道や東北北部にかかり、高い山で雪の目安の寒気が東北南部〜山陰にかけて南下する見込みです。

北海道や東北北部では平地も雪で、札幌や青森、秋田などで初雪の便りがありそうです。初雪の平年日は、札幌は11月1日、青森は11月8日、秋田は11月15日です。

12日(日)夜〜13日(月)は、山で雪の目安の寒気が本州の南まで南下する見込みです。東北南部や北陸、関東北部では、標高の高い所を中心に雪となり、峠道では積雪の可能性ありです。シーズン初めの雪になるため、夜間の峠越えは冬タイヤなど装備を万全にしましょう。登山や紅葉狩りも無理のないよう注意しましょう。

各地で冷え込みが強まり、12日(日)の最低気温は、東京都心で9℃と、今シーズン初めて10℃を下回る見込みです。来週は更に朝の冷え込みが強まり、14日(火)は7℃まで下がるでしょう。名古屋や大阪、福岡でも、来週は最低気温が7℃前後まで下がる見込みです。

一般的に、気温が10℃を下回ると暖房が欲しい寒さと言われます。今週末からグッと季節が前進するため、暖房器具など冬支度の準備をしておきましょう。