あす10日は前線や低気圧の影響で、全国的に雨。雨のピークは数時間でも、局地的に激しい雨が降りそう。雨のあとは冬の空気に入れ替わり、北日本は平地で雪の所も。シーズン初めの雪には十分注意を。

あす9日 前線通過時 雨脚強まる

画像A

あす10日は、九州南部付近から本州の南へと低気圧が進み、オホーツク海の低気圧からのびる前線が九州から北海道を通過する予想です。低気圧や前線に向かっては暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になるでしょう。西日本では太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、東日本や北日本は前線が通過するタイミングで激しい雨の降る所がありそうです。土砂災害や低い土地の浸水などにご注意ください。また発達した積乱雲の下では、落雷や竜巻などの激しい突風が吹くおそれがあります。

また等圧線の間隔が狭く、風が強まるでしょう。前線が通過する前は南よりの風が吹いて、雨でも気温が上がりそうです。ただ、前線が通過した後は北よりの風に変わり、体感温度も下がるでしょう。

雨のピークは?

あす10日、雨のピークです。

【九州】
北部では明け方にかけて、南部では昼前にかけてが雨のピークとなるでしょう。雷を伴った激しい雨の降る所がありそうです。夕方以降は、北部から雨はやむでしょう。

【四国】
明け方から朝は太平洋側で雨脚が強まり、滝のような非常に激しい雨の降る所がありそうです。日中から夜にかけても、雨が降ったりやんだりでしょう。

【近畿】
朝から昼前にかけてが雨のピークとなりそうです。南部は、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。中部や北部も一時的に、ザッと雨脚が強まりそうです。

【関東】
雨のピークは、夕方になりそうです。午後は広く雨が降り、沿岸部を中心に激しい雨の降る所があるでしょう。雨のピークは過ぎても、急に強まる雨にご注意ください。

【東北・北海道】
東北は昼頃から広く雨や雷雨。日本海側北部の大雨のピークは、昼過ぎから夕方にかけてとなるでしょう。局地的に激しい雨が降り、道路が冠水するおそれもあります。北海道の北部は明け方から朝、南西部は昼過ぎにかけて所々で激しい雨が降るでしょう。東部は夕方を中心に雨脚が強まりそうです。

週末から強い寒気が南下

画像C

前線が通過した後は、次第に冬型の気圧配置に変わり、強い寒気が流れ込むでしょう。11日(土)から13日(月)にかけては、山陰から東北南部の日本海側は断続的に雨が降り、標高の高い山では雪が降る所もありそうです。また東海(岐阜県)や関東甲信の標高の高い所でも雪雲が流れ込むでしょう。東北北部と北海道の日本海側は、平地でも雪の積もる所があり、路面状態が悪くなりそうです。

週末で紅葉狩りなどを予定されている方も多いと思いますが、シーズン初めの雪は、雪道に慣れている方でも十分注意が必要です。必ず、スタッドレスタイヤに交換するなど、冬の装備をしてください。また、急ブレーキ、急なハンドル操作、急発進、急な車線変更など「急」のつく運転はやめましょう。