きょう10日(金)の関東地方は、昼頃から雨の降りだす所が多いでしょう。次第に本降りの雨となり、沿岸部では激しい雨の降る所も。雨が降りだすと肌寒くなるでしょう。最高気温は東京都心で18℃など、20℃に届かない所が多くなりそうです。

昼過ぎから夕方 広く雨 神奈川・千葉では激しい雨も

きょう10日(金)の関東地方は天気が下り坂です。午前6時半現在、都心周辺など日の差している所もありますが、次第に雲は厚みを増すでしょう。

昼頃からはあちらこちらに雨雲がかかり、次第に本降りの雨となります。雨のピークは夕方で、一時的に雨脚が強まることもあるでしょう。神奈川県や千葉県ではバケツをひっくり返したように「激しい雨」の降る所がありそうです。大気の状態が非常に不安定になるため、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要です。夜も所々で雨が降るでしょう。

雨で肌寒くなる

画像B

きのうは広い範囲で最高気温が20℃以上となり、過ごしやすい陽気でしたが、きょうはきのうほど気温が上がりません。最高気温はきのうより3℃から5℃くらい低く、20℃に届かないでしょう。
日中もジャケットが必要で、雨が降りだすとより肌寒く感じられそうです。風も強まるため、撥水加工の上着や風を防げる素材の上着があるとよいでしょう。雨に濡れて体を冷やさないよう、お気をつけください。