メイン画像

12〜13日にかけて、北陸上空に強い寒気が流れ込み、大気の状態が極めて不安となるでしょう。落雷やその影響による停電、竜巻等の激しい突風には十分注意して下さい。また、平地でも、局地的に霰や雹が降り積もる可能性もあります。農作物への被害や自動車の運転にも十分注意して下さい。

12〜13日は大気の状態が極めて不安定 上空と海面水温の気温差は約50度

画像A

このあと、地上では、11日夜までには山陰沖に低気圧が発生、12日にかけて日本海を東進するでしょう。13日には、日本付近は再び冬型の気圧配置となる見込みです。

日本海の海面水温は20度前後となる中、上空約5500メートルには、12〜13日にかけて、氷点下30度以下の真冬並みの寒気を伴った気圧の谷が日本海から北陸地方を東進する見込みです。北陸地方では大気の状態が極めて不安定となるでしょう。この上空約5500メートルで氷点下30度の寒気は、平地で降雪の目安となる一つの指標でもあります。

福井県の嶺北の山地を中心に13日頃、石川県の加賀の山地の標高の高い所で12日午後から13日頃にかけて、富山県の山間部で12日夜から13日頃にかけて、新潟県の山沿いで標高の高い所を中心に13日にかけて雪が降り、積雪となる所がある見込みです。

また、北陸地方では、12〜13日にかけて、急な強い雨、落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意して下さい。平地で降雪はない見込みですが、霰や雹が降り局地的には白くなる所もありそうです。農作物への被害や自動車の運転にも十分注意して下さい。

富山では東部を中心に12〜13日にかけて警報級の大雨も

画像B

富山の東部北では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。現在、雨の降り方は小康状態となっていますが、12〜13日にかけては再び降り方が強まるでしょう。

12日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
東部 20ミリ
西部 20ミリ
12日12時から13日12時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
東部 50から100ミリ
西部 50から100ミリ となっています。

今後の雨の降り方によっては、気象台から土砂災害に関する大雨警報が発表される可能性があります。今後の情報に十分注意して下さい。