西日本では、晩秋らしい肌寒さとなっています。これからあす13日にかけて、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、上空には一段と強い寒気が流れ込む見込みです。あちらこちらで雨雲が発達し、日本海側では警報級の大雨となる恐れがあります。また、標高が高い山では雪が交じるでしょう。

近畿北部や山陰で警報級大雨の恐れ 落雷や竜巻、ひょうにも注意

画像A

これからあす13日の夕方にかけて、中国地方や近畿地方の上空5,500メートル付近を、氷点下30℃以下(真冬並み)のかなり強い寒気を伴った気圧の谷が接近・通過する見込みです。このため、近畿北部や山陰など、日本海側の地域では雨が降りやすく、局地的にカミナリを伴って激しく降るでしょう。警報級の大雨となる恐れもあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意が必要です。

活発な雨雲は、あすの午前中を中心に、近畿地方の中部と南部、山陽、四国にも流れ込む見込みです。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、急な強い雨にも注意をしてください。

13日(月)の朝は広く雨 標高が高い山では今シーズン初の雪か

画像B

13日(月)は日本海から雨雲が南下し、朝は近畿や山陰、山陽を中心に、広い範囲で雨が降るでしょう(図の青色、水色)。西または北よりの風が強く吹き、沿岸部では波が高くなる見込みです。日本海では、あすの未明から明け方にかけてしけるでしょう。強風やウネリを伴った高波にも注意が必要です。

また、氷ノ山(兵庫県、鳥取県)や大山(鳥取県)、比良山地(滋賀県)や伊吹山(滋賀県、岐阜県)など、標高が高い山では雪が交じるでしょう(図の緑色、黄色など)。今シーズン初めての雪となる可能性があるため、峠越えなどされる方は車の運転に十分ご注意ください。

昼間も師走並みの寒さ 冬物の上着を

画像C

13日(月)は昼間の気温が上がりにくく、15℃に届かない所がほとんどでしょう。師走並みの寒さとなり、風の影響もあって一段と寒く感じられそうです。朝晩だけではなく、昼間でもコートが役立つでしょう。お出かけの際は、服装選びにもお気をつけください。