きょう13日の朝は、東京都心や大阪市、福岡市などで今シーズンこれまでで一番の冷え込みとなっています。最高気温も平年より低く、寒さが続くでしょう。寒さ対策をしてお出かけください。

今朝は今季一番の冷え込みの所も

きょう13日の朝は所々で今シーズンこれまでで一番の冷え込みとなっています。

全国で最も気温が下がったのは北海道根室地方の中標津空港でマイナス9.8℃まで下がりました。最低気温は盛岡市で0.4℃、新潟市で5.1℃、東京都心で7.9℃、名古屋市で8.7℃と今シーズンこれまでで一番低くなっています。大阪市で6.8℃、福岡市で9.8℃と今季初めて10℃を下回りました。

※気温の値はすべて午前7時までの速報値

日中も寒さが続く 最適な服装は?

画像B

北海道は朝晩は冷え込み、ダウンジャケットなどで万全な寒さ対策が必要です。日中も寒さが続き、札幌市の最高気温は5℃と平年を下回るでしょう。手袋やマフラーなど冬の小物も活躍しそうです。

東北や北陸も朝晩は冷え込むため、冬のコートが良いでしょう。最高気温は仙台市や金沢市で10℃と12月並みの寒さとなりそうです。暖かくしてお過ごしください。

関東は朝は冷え込んでおり、厚手の上着が必要です。東京都心の最高気温は15℃と、昨日よりは3℃高いでしょう。それでも平年より低く、北風が冷たく感じられそうです。日中も風を通しにくい上着があると良いでしょう。

東海から九州も朝晩は冷え込み、冬のコートや裏地付きのトレンチコートなど厚手の上着が必要になりそうです。最高気温は15℃以下と12月上旬から中旬並みの所が多いでしょう。日中も上着が活躍しそうです。

沖縄も朝晩は薄手のジャケットがあると良いでしょう。最高気温は23℃くらいで、12月上旬並みとなる見込みです。日中も長袖が良さそうです。

※服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているか提案します。お出かけする時間帯に合わせて調節できる服装にしましょう。人により暑さや寒さの感じ方が異なるため、あくまで目安とお考えください。