13日月曜は、東北〜九州で大気の状態が不安定になっていて、11時現在、広い範囲に「雷注意報」が発表されていいます。落雷・突風・急な強い雨に注意が必要です。関東も、神奈川など南部で雷が発生しやすく、東京でも、昼過ぎまで、にわか雨にお気をつけください。

東北〜九州に「雷注意報」

13日月曜は、北日本〜西日本の上空約5500メートルを、氷点下30度以下の、この時期としては強い寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、東北〜九州の広い範囲で、大気の状態が不安定になっています。

雨雲レーダーを見ますと、日本海側のあちらこちらに雨雲がかかっています。また、関東〜四国の太平洋側でも、局地的に雨雲が見られます。

11時現在、東北〜九州の広い範囲に「雷注意報」が発表されています。落雷・突風・急な強い雨に注意が必要です。

また、鳥取県の一部には「大雨警報」も発表されています。すでに大雨になった所では、たとえ雨が弱まっても、斜面には近づかないでください。

夕方まで局地的に雨や雷雨 東京など関東も急な雨に注意

画像B

13日夕方までは、東北〜九州の日本海側を中心に、雨雲や雷雲が発達しやすい状態が続くでしょう。

特に、山陰では、これまでの雨により地盤の緩んでいる所がありますので、13日夕方にかけて、土砂災害に警戒が必要です。浸水害や、河川の増水にもご注意ください。

関東でも、神奈川県を中心に、局地的に雨や雷雨となりそうです。東京でも、昼過ぎにかけて、にわか雨の可能性があります。天気の急な変化にお気をつけください。

天気急変のサインは?

画像C

天気が急変する前には、3つのサインがあります。


① 「真っ黒な雲が近づいてきた」
発達した積乱雲は、真っ黒に見えます。黒い雲が速いスピードで動いているように見えたり、晴れていたのに、急に空が暗くなったりするのも、天気急変のサインの一つです。

② 「雷の音が聞こえてきた」
ゴロゴロという音が聞こえてきたら、雷雲が近づいています。また、稲妻が見えるのも、雷雲が近づくサインの一つです。

③ 「急に冷たい風が吹いてきた」
発達した積乱雲からは、雨粒とともに、冷たい風が勢いよく吹き降りてきます。風の変化にも、注意が必要です。

このような前兆を感じたら、すぐに安全な所へ避難してください。また、雷注意報が発表されている時や、天気予報で「大気の状態が不安定」という言葉を聞いた時には、天気が急変するおそれがありますので、ご注意ください。