きょう17日から18日(土)、九州は一時的に強い寒気が流れ込み、冬の寒さになるでしょう。九州北部の沿岸海上を中心に西よりの風が非常に強まり、しけるところが多くなりますので、暴風や高波に警戒してください。あす18日(土)は標高の高い山ではうっすらと積雪するおそれがありますので、車の運転などはご注意ください。

17日〜18日 冷たい雨 高い山はうっすら積雪も

画像A

昨夜(16日)からきょう17日未明にかけて前線が九州付近を通過した後、冬型の気圧配置に変わり、次第に寒気が流れ込んできています。九州付近は東シナ海から寒気に伴う低い雲が流れ込み所々で冷たい雨が降っています。

今夜(17日)からあす18日にかけて九州北部の上空1500m付近には氷点下3度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。このため、九州はあす18日朝にかけて時折雨や雷雨となり、大変変わりやすい天気になります。九州の高い山では雪が降り、あす18日はうっすらと積雪するところがありそうです。車の運転などは注意が必要です。

また、低気圧が日本海で次第に発達するため、九州付近は等圧線の間隔が狭くなり、九州北部の沿岸海上を中心に西よりの風が非常に強く吹き、瞬間的に25〜30m/sの暴風のおそれがあります。海上はしけるところが多くなりますので、暴風や高波に警戒して下さい。

あす18日にかけて気温が大きく下がり、最高気温は15度に届かないところが増え、再び冬の寒さになります。季節風も強まり、気温以上に寒く感じられますので、暖かい服装でお過ごしください。

来週は小春日和が多いが

画像B

19日(日)は冬型の気圧配置が次第にゆるんでくるでしょう。来週は高気圧に覆われ晴れて、小春日和が多くなる見込みです。ただ、来週24日(金)頃からは再び寒気が入りやすくなり、気温が下がるでしょう。この先も、寒暖の変化が大きくなる見込みです。