16日(木)は西から天気が下り坂です。九州や四国は非常に激しい雨の降る所も。17日(金)は全国的に雨や風が強まり、荒れた天気になるでしょう。18日(土)から19日(日)も北海道から北陸を中心に大荒れの天気となる恐れがあります。

金曜日は広く荒天の恐れ

画像A

16日(木)から17日(金)は、低気圧が日本海を発達しながら進み、前線が本州付近を通過するでしょう。16日(木)は、九州は昼頃から、四国は夜は雨や雷雨で、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。中国地方や近畿、東海、関東も夜は所々で雨が降りそうです。17日(金)は全国的に雨で、雨や風が強まり、荒れた天気となるでしょう。低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに注意が必要です。

18日(土)から19日(日)は発達した低気圧がオホーツク海に進むでしょう。北海道から北陸を中心に風が強く、大荒れの天気となる恐れがあります。交通機関に影響のでる可能性があります。最新の気象情報・交通情報に注意が必要です。

20日(月)以降は晴れる所が多いでしょう。

北海道や東北は日本海側を中心に雪や雨

画像B

23日(木)以降は北海道や東北は日本海側を中心に断続的に雨や雪が降るでしょう。北陸も雨の降る日が多くなりそうです。

関東から九州は晴れる日が多いですが、24日(金)頃と28日(火)頃は所々で雨が降るでしょう。

寒暖差大 月末は一気に寒く

画像C

最高気温は23日(木)頃にかけては、平年より高い所が多いでしょう。北海道は10℃以上の日が多くなりそうです。東北から九州では22日(水)と23日(木:勤労感謝の日)頃は20℃くらいまで上がるでしょう。昼間は上着がいらないくらいの暖かさになりそうです。

ただ、25日(土)以降は、寒気が流れ込み、最高気温は平年より低い所が多くなるでしょう。北海道は真冬日(最高気温0℃未満)になる日もありそうです。東北や北陸は10℃以下、東海から九州でも10℃を少し上回るくらいの日があるでしょう。

寒暖差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。