北陸は断続的に雨や雷雨となっていて、関東でも所々に雨雲がかかり始めました。夜にかけて空模様の変化に注意してください。

関東は沿岸などで雨

画像A

きょう15日の関東地方は昼頃になって、沿岸の所々に雨雲がかかり始めました。関東沖の低気圧や風のぶつかり合いの影響で雨雲が発生しやすく、今夜にかけて沿岸を中心に、雨の降りやすい状態となりそうです。

これからのお出かけの際は、折り畳みの傘があると安心です。また、帰宅時間帯には、雨雲レーダーで雨の状況をこまめに確認した方が良さそうです。

北陸は落雷や竜巻注意

画像B

北陸は上空に流れ込んでいる強い寒気の影響で、大気の状態が不安定となっています。断続的に雨が降っている所があり、局地的に雨雲が発達しています。

あす16日の朝の内にかけて、雨雲や雷雲の発達しやすい状況が続く見込みで、このあとも急な強い雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。