週後半は低気圧が発達しながら通過して、広範囲で荒天となるおそれがあり、注意が必要です。

低気圧が急発達

画像A

あす16日からあさって17日にかけては、低気圧が発達しながら本州付近を進む見込みです。日本海側、太平洋側ともに低気圧や前線の影響を受けるため、広い範囲で雨や風が強まりそうです。

交通への影響が広範囲に及ぶことも考えられるため、この期間に移動をされる予定の方は、今のうちに代替ルートなどを検討しておいた方が良いかもしれません。

広範囲で荒天警戒

画像B

西日本は前線の通過のタイミングで、天気が急に変化する可能性があります。あす16日の午後から雨が降り出し、17日の朝にかけて雨や風のピークを迎えそうです。

東日本と東北は前線通過の前から天気が崩れて、17日の日中を中心に荒れた天気となるかもしれません。

北海道も17日の夕方以降に雨が強まるほか、低気圧に近いため台風並みの暴風が吹くおそれがあります。

低気圧の発達の程度、コースによって、雨や風の強まるエリアやタイミングがずれる可能性もあるため、今後の気象情報に注意してください。

低気圧通過後は寒気南下

画像C

低気圧の通過後は、本州付近に強い寒気が流れ込んで、強い冬型の気圧配置となります。

西日本を含む日本海側で断続的に雨が降って、山などでは雪となりそうです。寒気が強いため、太平洋側にも雨雲が流れ込む所がある見込みです。

特に、日本海側の山などでは荒れた天気となりそうです。次の土日に山のレジャーの予定がある方は、日程の変更などを含め、最新の予報に特に注意が必要です。