メイン画像

関東は、きょう16日の夜遅くから所々で雨。あす17日は雨や風が強まり、雨のピークが朝の通勤通学の時間に重なる所も。急な激しい雨や落雷などにご注意を。

今夜遅く 次第に雨

きょう16日の関東は、昼頃にかけて晴れる見込みです。最高気温は18℃くらいまで上がるでしょう。きのう15日より3℃前後高い所が多く、日差しのもとでは比較的過ごしやすい陽気です。

ただ、西から低気圧や前線が近づくため、天気はゆっくりと下り坂になるでしょう。午後は次第に雲が広がり、午後9時以降は西から雨雲がかかりそうです。

あす17日 朝から昼前 局地的に激しい雨

画像B

あす17日は、本州の南岸を低気圧が通過する予想です。関東では低気圧や前線が通過する昼過ぎにかけて、発達した雨雲がかかるでしょう。

関東の雨のピークは、最新の予想では朝から昼前。局地的には雷を伴った激しい雨が降りそうです。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうが降るおそれもあります。

朝の通勤通学の時間帯と重なるため、時間に余裕をもってお出かけください。

激しい雨って どんな雨?

画像C

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上〜50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分ご注意ください。