メイン画像

東海地方は、あす17日未明から昼前にかけてが雨のピークで、バケツをひっくり返したような雨や滝のような雨の降る所があるでしょう。雨の後は気温が急降下し、飛騨地方の峠道では再び積雪に注意が必要です。

あす17日 活発な雨雲が広い範囲にかかる

画像A

きょう16日午後の東海地方は、午前中に比べると雲が広がり、天気は下り坂に向かっています。前線や低気圧に伴う雲域が西から近づいています。今夜はじめ頃から所々で雨が降りだし、日付が変わってからは広い範囲で雨となるでしょう。前線や低気圧が東海地方の沿岸を通過するため、活発な雨雲が東海地方の広い範囲にかかる可能性があります。また、暖かな空気が入って気温が高いため、飛騨北部の峠道なども雨になるでしょう。

予想される1時間降水量 雨のピークは?

画像B

東海地方の雨のピークは17日未明から昼前にかけてで、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。愛知県や岐阜県、三重県は朝にかけて、静岡県は昼前にかけて、活発な雨雲が山間部だけでなく沿岸部も含め広い範囲にかかるでしょう。雨雲が予想より発達した場合や停滞した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。
雨雲の動きが速いため総雨量は多くはなりませんが、短時間強雨や竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに注意が必要です。また、朝の通勤通学の時間帯と重なるため、雨雲レーダーで最新の気象情報を確認するなどして、気をつけてお出掛けください。

非常に激しい雨って どんな雨?

画像C

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上〜80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

なお、1時間に50ミリの雨というのは、雨水が別の場所に流れず、そのまま、たまる状態だと、降った雨が50ミリの高さになるくらいです。1時間に50ミリの雨が、1平方メートルに降ると、50リットルの量になります。例えば、傘を開いた面積がおおむね1平方メートルなので、1時間、傘をさしていると、牛乳パック50本分もの雨が、傘にあたることになるのです。

ただ、実際は、まわりの雨水が集まると、その地点に降った雨の量よりも多く、水がたまることもあります。非常に激しい雨が降ると予想される所では(非常に激しい雨が降った所では)、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に、十分ご注意ください。

雨の後は気温急降下 飛騨地方の峠道は積雪に注意

画像D

雪のピークは18日(土)

画像E

あす17日の午後は、雨が止んで天気は回復する所が多く、晴れ間が戻るでしょう。
岐阜県飛騨地方では、寒気の影響を受けて、週末はすっきりしない天気が続きそうです。前回の寒気より強く、飛騨地方の峠道では雪の降り方が強まり、積雪の量が増える可能性があります。18日(土)が雪のピークとなるでしょう。週末のお出掛けは、最新の気象情報や道路情報に注意してください。