発達する低気圧の影響で、今夜からあす17日(金)にかけて全国的に荒れた天気となるでしょう。暴風や大雨となる恐れもあります。各地の雨や風のピーク時間帯をまとめました。

発達する低気圧の影響で広く荒天

画像A

今夜からあす17日(金)にかけて前線を伴った低気圧が日本海を北北東に進み、寒冷前線が西日本から北日本を通過するでしょう。また、別の低気圧が前線を伴って本州の南岸を北東に進む見込みです。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。全国的に雨や風が強まり、荒れた天気となる見込みです。交通機関に影響の出る可能性もあり、注意が必要です。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にも注意・警戒が必要です。

18日(土)は発達した低気圧がオホーツク海に進み、次第に冬型の気圧配置となるでしょう。北海道から北陸を中心に風の強い状態が続きそうです。

各地の雨や風のピークは?

画像B

上の表は各地の雨や風のピークです。

九州は今夜からあすの未明にかけて、中国地方や四国は今夜遅くからあすの未明にかけて、荒天のピークとなるでしょう。雷を伴って非常に激しい雨の降る所がありそうです。あすの午後は再び風が強まるでしょう。

近畿はあすの明け方から朝にかけて、東海や関東甲信はあすの朝から昼頃にかけて活発な雨雲や雷雲がかかる予想です。風も強く、横殴りの雨になる所もあるでしょう。朝の通勤・通学は時間に余裕を持った行動を心がけましょう。

北陸はあすの朝から、東北や北海道はあすの昼頃から雨のピークとなりそうです。局地的には雷を伴って激しい雨が降るでしょう。風は18日(土)にかけても強く、北海道では暴風となる恐れもあります。

各地とも雨や風のピーク時には交通機関に影響のでる可能性があります。最新の交通情報にもご注意ください。