あす17日は全国的に雨・風が強まり荒れた天気となりそうです。「非常に激しい雨」や台風並みの暴風に警戒が必要です。あさって18日にかけては西日本の山沿いを中心に雪となるため、交通への影響にも注意してください。

17日 全国的に雨・風が強まる 暴風に警戒を

あす(17日)は、低気圧が発達しながら日本海を進み、前線からのびる前線が列島を通過する見込みです。また、別の低気圧が、前線を伴って本州の南を進む見通しです。そのため、今夜(16日)からあすにかけて、全国的に雨が降り、四国や近畿南部、東海など太平洋側の地域では局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。
九州と中国・四国は、断続的に雨となりそうです。近畿は午前中を中心に雨が降るでしょう。東海は昼ごろまで、関東は昼過ぎまで雨が降りそうです。北陸と東北は日中は雨の降る時間が長く、北海道は昼ごろから次第に雨の範囲が広がるでしょう。

また、あすからあさって(18日)にかけては風が強まり、北海道や東北、九州北部を中心に台風並みの暴風となる可能性があります。

北日本から西日本では、あすからあさってにかけて暴風や高波に警戒し、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒が必要です。
雨や風が強まって、傘が役に立たなくなるくらいの降り方となる所もありそうです。外出や車の運転の際は十分にお気をつけください。

予想される雨の量

画像B

あす(17日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
北海道、関東甲信、東海、四国で、120ミリです。

予想される風・波の高さ

画像C

あす(17日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
北海道で、23メートル(35メートル)
東北、関東甲信、九州北部で、20メートル(30メートル)

あさって(18日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
北海道、東北、伊豆諸島、九州北部で、20〜24メートル(25〜35メートル) です。

なお、あさって(18日)に予想される波の高さは、
伊豆諸島、九州北部で、6メートル です。

18日にかけて西日本を中心に雪 交通への影響に注意

あさって(18日)には、西日本の上空1500メートル付近にマイナス6℃以下の真冬並みの寒気が流れ込む予想です。そのため、中国・四国、九州北部などでは、17日夜遅くから18日午前中にかけて、山地を中心に雪が降り、積雪となるおそれがあります。また、平地でも雪が積もる可能性があります。
さらに、長野県や岐阜県などの山沿いでも雪が降り、降り方が強まることもありそうです。
交通に影響の出るおそれがありますので、週末に遠出を計画されている場合などは、最新の気象情報とともに道路状況も確認するようにしてください。雪が予想される地域で、冬用タイヤの装着やチェーンの携行などが済んでいない場合は、計画の変更も視野に入れてください。