メイン画像

きょう17日の東海は、朝は土砂降りの雨になりましたが、まとまった雨雲は昼には東へ抜けていきました。午後は一部に雨が残るくらいで、晴れ間が戻っています。今夜からあす18日にかけては、木枯らしが吹いて、一段と寒くなるでしょう。体感気温の変化にご注意ください。岐阜県山間部は、あすは雪の降る所があるため、冬用タイヤの装備が欠かせなくなりそうです。
日本気象協会中部支社(名古屋市北区)の周辺では、イチョウの黄葉が進んできています。

週末天気のポイント

画像A

■18日(土)
あすは、西高東低(冬型)の気圧配置に変わる見込みです。本州付近で等圧線の間隔が狭く、東海は西風が強く吹くでしょう。平野部は大体晴れますが、時折まとまった雲が流れ込み、通り雨になる所がある見込みです。洗濯物を干す際は、急な雨にご注意ください。上空には真冬並みの寒気が流れ込むため、岐阜県山間部は、飛騨北部を中心に雪が降り積もる所がある見込みです。

■19日(日)
あさっては、東海から西は冬型の気圧配置が緩むでしょう。平野部を中心に大体晴れる見込みです。日中の通り雨はない見通しで、布団を干すのも良さそうです。風は、あすと比べると弱くなりますが、冷たい西風が残るでしょう。上空の寒気は次第に緩むため、岐阜県山間部の雪は日中は収まる見込みです。峠道は、雪が残る所があるため、お出かけの際はご注意ください。

飛騨北部は雪が降り積もる所も

画像B

岐阜県山間部は、あす18日は雪の降る所があるでしょう。北陸や長野県との県境付近を中心に、午後は降る雪の量がまとまり、積雪する所もある見込みです。車でのお出かけは、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンの装備を忘れないようにしましょう。
※24時間予想積算降雪量は、「雪が降る量」を表しています。「雪が積もる量」は、これよりも少なくなりそうです。

週間予報 週末は木枯らし 来週は底冷えも、日中は小春日和に

画像C

向こう一週間は、晴れる日が多いでしょう。18日(土)は、日差しはあっても木枯らしが冷たく、名古屋の最高気温は12℃の予想です。平年より5度低く、12月中旬並みです。高山は最高気温4度の予想で、日中も凍てつく寒さが続くでしょう。19日(日)は、日中の寒さは和らぐ見込みです。20日(月)以降は、朝は一桁の冷え込みが続くでしょう。日中は日差しが暖かく、小春日和になりそうです。来週中頃は、一日の気温差が特に大きくなります。体調管理にご注意ください。