きょう18日(土)の関東甲信は晴れ間が広がる。ただ、一部でにわか雨があり、山沿いは雪の所も。沿岸部を中心に西よりの風が強く吹く。この風が、体感温度を下げる見込み。

神奈川県・千葉県の所々でにわか雨 風が冷たい

きょうの関東甲信は晴れ間が広がるでしょう。ただ、神奈川県と千葉県では昼過ぎにかけて、にわか雨の可能性があります。
長野県の北部や西側の地域では雨や雪の降ることがあり、午後は関東北部の山でも所々で雪に。降る量は、それほど多くならない見込みですが、峠は積雪や路面凍結に注意が必要です。
また、沿岸部を中心に西よりの風が強く吹きます。特に、高速道路や橋の上では横風に流される感覚が強まりますので、スピードを落として、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。

最高気温は、甲信では8℃から12℃くらいの所が多く、師走並み。関東は広く16℃前後で、おおむね平年並みでしょう。西風の影響で、実際の気温よりも、体感温度が低くなりそうです。

週間 寒暖差大 服装選びは慎重に

画像B

あす19日(日)は各地で晴れて、冷たい風も収まってきます。20日(月)から22日(水)にかけても広い範囲で穏やかに晴れて、日差しが暖かく感じられるでしょう。ただ、朝晩は放射冷却が強まります。一日の中での寒暖差が大きくなるでしょう。お出かけの時間帯に合わせて、服装で調節なさってください。
23日(木:勤労感謝の日)と24日(金)の日中も大体晴れそうです。ただ、低気圧や前線が北日本付近を通るため、南寄りの風が強めに吹いて、局地的に雨雲がかかるでしょう。24日(金)の夜には、風が南よりから北よりに変わって、冷たい空気が入ります。
25日(土)は、山沿いは雪の所があり、晴れる平地も最高気温が平年を下回るでしょう。前日との気温差が大きくなりますので、体調を崩さないよう、注意が必要です。