きょう20日は西高東低の気圧配置になるでしょう。北海道や東北など日本海側は、雨や雪でこの時期らしい寒さに。一方、関東から九州にかけての太平洋側はおおむね晴れて、日差しが暖かく感じられそうです。

きょうの天気図

画像A

きょう20日は、北日本を低気圧や前線が通過し、次第に西高東低の気圧配置になるでしょう。北日本の上空には寒気が流れ込む見込みです。

日本海側は雨 北海道など雪の降る所も

画像B

きょう20日は、北海道は雪や雨の降る所が多いでしょう。日本海側は日中いっぱい降る所もありそうです。太平洋側は昼頃まで雪や雨の降る所がありますが、次第に晴れるでしょう。

東北も日本海側を中心に昼頃にかけて雨が降り、雷を伴って強く降る所があるでしょう。太平洋側でも雨雲の流れ込む所がありそうです。北陸は午前中は広く雨が降り、雷を伴う所があるでしょう。昼頃には次第にやむ見込みです。

東北地方や北陸地方では、これまでの雨で、地盤の緩んでいる所がありますので、少しの雨でも土砂災害の危険度が高まる所があります。夕方にかけて、土砂災害に警戒をしてください。

太平洋側は晴れる所が多い

関東甲信は、晴れる所が多いですが、関東北部の山沿いや長野県では、昼頃にかけて雨や雪の降る所がありそうです。降り方が強まり、雷を伴うこともありそうです。峠道や標高の高い所など、車の運転をされる際は、路面状況にご注意ください。

東海もおおむね晴れますが、岐阜県では昼前まで雨や雪で雷を伴う所がありそうです。近畿も北部は昼頃まで雨の降る所がありますが、次第に広い範囲で晴れるでしょう。中国地方も山陰で昼前まで雨や雷雨の所がありそうです。山陽は大体晴れるでしょう。

四国と九州は日中は広い範囲で晴れる見込みです。雲の広がる所があっても天気の崩れはなさそうです。沖縄も一日を通しておおむね晴れるでしょう。

きょうの最高気温 北海道・東北・北陸はグッと低くなる

きょう20日の最高気温は、北海道や東北、北陸は、上空に寒気が流れ込むため、きのう19日よりグッと低くなりそうです。札幌はきのう19日より6℃ほど低く、6℃の予想です。5日ぶりに10℃に届かないでしょう。仙台や新潟は12℃と、15℃に届かず、肌寒く感じられそうです。

一方で、関東から九州は、きのう19日と同じくらいか高い所もあり、20℃前後まで上がりそうです。東京や高知は19℃、福岡は18℃、鹿児島は21℃の予想です。この時期らしい気温で、日差しが暖かく感じられそうです。ただ、朝の通勤・通学の時間帯や夜は気温が10℃前後と冷えますので、コートやジャケットなど上着があったほうが良いでしょう。