きょう28日は次第に冬型の気圧配置に変わり、日本海側では荒れた天気に。夜は雪の範囲が拡大。太平洋側も所々で雨が降り、風が強まりそう。

冬型の気圧配置へ 真冬並みの寒気

画像A

きょう28日は、低気圧が発達しながら北海道付近を北上し、次第に冬型の気圧配置に変わるでしょう。全国的に北または西よりの風が強まりそうです。

また、あす29日にかけては、北日本の上空約5000メートル付近にはマイナス36℃(平地で大雪の目安)が流れ込む予想です。上空1500メートル付近には、北海道でマイナス12℃以下、東北地方でマイナス6℃以下(平地で雪の目安)の真冬並みの寒気が流れ込むでしょう。

日本海側は荒天

画像B

きょう28日は、沖縄はおおむね晴れるでしょう。九州から近畿は、日本海側を中心に所々で雨や雷雨となるでしょう。太平洋側では日が差していても、急な雨にご注意ください。東海と関東甲信は、朝まで雨の降る所がありますが、天気の回復は早いでしょう。最高気温がきのう27日より高い所も、夕方から冷えてきます。ただ、関東は寒気が遅れて流れ込むため、夜も極端な冷え込みはないでしょう。

北陸は断続的に雨や雷雨となり、突風やヒョウが降る恐れもあります。東北は日本海側を中心に雨が降り、北部では大雨による土砂災害や低い土地の浸水にご注意ください。気温が下がる夜は、山沿いだけでなく、平地でも雪に変わる所がありそうです。

北海道は雪や雨が降り、風が強いでしょう。夜は日本海側では猛ふぶきとなり、見通しがきかなくなる可能性があります。あす29日午前6時までの24時間降雪量(多い所)は、日本海側で30センチ。あさって30日午前6時までの24時間で、日本海側ではさらに30〜50センチとなっています。最新の交通情報を確認して、無理のない行動を心がけてください。

北日本を中心に暴風に警戒を

画像C

予想される最大風速(最大瞬間風速)
28日
北陸 陸上 18メートル(30メートル)、海上 20メートル(30メートル)
東北 日本海側海上 18メートル(30メートル)、陸上 17メートル(30メートル)
北海道 日本海側陸上 20メートル(35メートル)、日本海側海上 20メートル(30メートル)

波の予想
28日
北陸 5メートル
東北 日本海側 4メートル

北陸は警報級の暴風や高波になる可能性があります。東北は昼過ぎから暴風に、北海道は暴風雪に警戒してください。