気象庁によりますと、11月の気温は、北日本でかなり高く、東・西日本で高くなりました。北海道の釧路、千葉などでは月平均気温の高い方からの 1 位を更新しました。また、降水量は、北日本日本海側で、かなり多くなりました。一方、日照時間は西日本太平洋側や沖縄・奄美でかなり多くなりました。

11月の天候の特徴

画像A

気象庁は今日12月1日、11月の天候のまとめを発表しました。

11月の天候の特徴は以下の通りでした。

〇気温は、北日本でかなり高く、東・西日本で高くなりました。
寒気の影響を受けにくく、暖かい空気が流れ込んだ時期もあったため、気温は北日本でかなり高く、東・西日本で高くなりました。

〇降水量は、北日本日本海側で、かなり多くなりました。一方、日照時間は西日本太平洋側でかなり多くなりました。
低気圧や寒気の影響を受けやすかったため、北日本日本海側の降水量はかなり多くなりました。一方、移動性高気圧に覆われやすかったため、日照時間は西日本太平洋側でかなり多く、東・西日本日本海側と東日本太平洋側で多くなりました。

〇沖縄・奄美の降水量はかなり少なく、日照時間はかなり多くなりました。
沖縄・奄美では、中国大陸から張り出した高気圧に覆われやすく、低気圧や前線の影響を受けにくかったため、降水量はかなり少なく、日照時間はかなり多くなりました。

〇11月の台風の発生なし
11月に台風の発生がなかったのは、2011年以来、12年ぶりのことでした。

11月の概要

本州付近の天気は周期的に変わりましたが、日本海から日本の北を前線を伴った低気圧が通過しやすく、西高東低の気圧配置となって寒気の影響を受けた時期もあったため、北日本を中心にまとまった雨となり、北・東日本日本海側を中心に雪となった日もありました。このため、月降水量は北日本日本海側でかなり多く、北日本太平洋側と東日本日本海側で多くなりました。

一方、東・西日本付近では移動性高気圧に覆われやすかったため、月間日照時間は西日本太平洋側でかなり多く、東・西日本日本海側と東日本太平洋側で多くなりました。沖縄・奄美では、中国大陸から張り出した高気圧に覆われやすく、低気圧や前線の影響を受けにくかったため、月降水量はかなり少なく、月間日照時間はかなり多くなりました。

大陸からの寒気の影響を受けにくく、低気圧や前線に向かって暖かい空気が流れ込んだ時期もあったため、月平均気温は北日本でかなり高く、東・西日本で高くなりました。

気温・降水量・日照時間 記録を更新した所も

画像C

(1)平均気温
北日本でかなり高く、東・西日本で高くなりました。北海道の釧路、千葉など7 地点では月平均気温の高い方からの 1 位を更新し、横浜では月平均気温の高い方からの 1位タイを記録しました。沖縄・奄美では平年並みでした。

(2)降 水 量
北日本日本海側でかなり多く、北日本太平洋側と東日本日本海側で多くなりました。北海道の稚内では月降水量の多い方からの 1 位を更新しました。一方、沖縄・奄美でかなり少なくなりました。沖縄県の宮古島では月降水量の少ない方からの 1 位を更新しました。東・西日本太平洋側と西日本日本海側では平年並みでした。

(3)日照時間
西日本太平洋側と沖縄・奄美でかなり多く、東・西日本日本海側と東日本太平洋側で多くなりました。兵庫県の豊岡、大分県の日田、宮崎県の延岡では月間日照時間の多い方からの 1 位を更新しました。北日本日本海側と北日本太平洋側では平年並みでした。

【北日本】北海道・東北地方
【東日本】関東甲信・北陸・東海地方
【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部
【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方