この先も、たびたび低気圧が通過。8日(金)頃は、北日本の日本海側では大荒れの天気になるおそれ。寒暖差が大きく、今週末にかけて気温が上昇。来週は冬の寒さの所が多くなりそう。

5日(火)〜11日(月) 週末は10月並みの陽気の所も

明日5日(火)は、本州の南を低気圧が進むため、西から雨の範囲が広がるでしょう。沖縄は未明に、激しい雨の降る所がありそうです。九州から近畿の太平洋側は雨が降りやすく、関東も夜遅くは沿岸部で雨が降るでしょう。

6日(水)は晴れる所が多いですが、7日(木)は北海道の北を低気圧が進み、前線が北日本を通過する予想です。前線が通過する前は暖かい空気が流れ込むため、東北や北海道の平地でも雨が降り、風が強まるでしょう。日差しが届く関東から西でも、局地的に雨が降りそうです。低気圧の動向によっては、北日本の日本海側では8日(金)頃にかけて、大荒れの天気になるおそれがあります。

九州から関東、東北と北海道の太平洋側は、9日(土)と10日(日)は広く晴れるでしょう。東京都心など、予想最高気温は20℃を超える所もあり、季節外れの暖かさ。服装選びに迷うほどの寒暖差です。

11日(月)は低気圧が九州に近づくため、西日本を中心に雨が降るでしょう。雲が多い関東や北陸は、急に寒くなりそうです。気温差で体調を崩さないようにしてください。

12日(火)〜17日(日) 天気の変化が早い 冬の寒さ

画像B

12日(火)は、本州の南を低気圧が進み、広い範囲で雨。東海や関東甲信の内陸部など、雪になる所もありそうです。13日(水)は、北日本を中心に冬型の気圧配置が強まり、日本海側は断続的に雪や雨が降るでしょう。

太平洋側は13日(水)と14日(木)は晴れますが、短い周期で天気が変わりそうです。15日(金)以降は、曇りや雨の日が多いでしょう。

気温は、九州から東海では、この時期としては高めの予想です。一方、関東から北海道は平年並みの日が多く、関東では日ごとの気温差が大きくなるでしょう。札幌は日中でも0℃前後と、厳しい寒さが続きそうです。水道の凍結などにもご注意ください。