西日本では深刻な少雨となっています。昨日12月4日までの90日間の降水量は平年の2割に届かない所も。今日5日は、四国から東海の太平洋側で曇りや雨となっていますが、雨量としては少なく、少雨を解消するほどの雨にはならない見込みです。節水を心がけるようにしましょう。

西日本で深刻な少雨

西日本では深刻な少雨が続いています。
昨日12月4日までの90日間の降水量は、西日本で平年より少なく、特に九州や中国、四国地方を中心に平年より大幅に少なくなっています。
大分県豊後大野市の犬飼では、61.0ミリしか降っておらず、平年の14%です。また、松山市では62.5ミリで平年の19%と、平年の2割に届かない所も。山口県岩国市では73.0ミリで平年の21%、広島市では108.0ミリで平年の34%など、少雨によって、農作物にも影響が出ている所もあるようです。

今日5日 太平洋側の所々で雨 少雨解消ならず 節水を

画像B

今日5日は、四国から東海の太平洋側で曇りや雨となっています。雨量としては少なく、少雨を解消するほどの雨にはならない見込みです。
また、明日6日以降もしばらくは晴天が続き、まとまった雨の降る日は先になりそうです。引き続き、節水を心がけるようにしましょう。