この先、11日から12日は低気圧や前線の影響で、この時期としては降水量が多くなる可能性も。今週の季節外れの暖かさ一転、月の後半になると、いよいよ本格的な冬の寒さが続きそうです。寒暖差が大きくなりますので、体調管理にお気をつけください。

8日〜14日の天気 低気圧や前線の通過で降水量多くなる所も

明日8日から10日にかけて本州付近は高気圧に覆われて、北海道から九州、沖縄まで晴れる所が多いでしょう。ただ、9日は北陸付近を前線が通過するため、北陸では次第に雨が降りそうです。10日から11日にかけて冬型の気圧配置が強まり、北海道の日本海側を中心に大荒れとなるでしょう。

11日から12日にかけて、本州付近を東に進む低気圧や前線の影響を受ける見込みです。11日は西から雨が降り出し、12日は北海道は広く雪、本州付近は広い範囲でまとまった雨が降るでしょう。東北や北陸などの内陸や標高の高い所などでは雪の降る所がありますが、次第に雨に変わる見込みです。この時期としては降水量が多くなる可能性があります。その後、冬型の気圧配置になり、上空に寒気が流れ込むため、13日になると、北海道や東北の日本海側、北陸にかけて雪が降りそうです。関東から九州の太平洋側は、13日から14日はおおむね晴れるでしょう。

最高気温は、北海道や東北、北陸は9日まで、関東から九州は10日まで平年より大幅に高く、季節外れの暖かさになる所があるでしょう。その後はグッと気温が下がり、東京は10日と11日の予想最高気温の差が10℃と寒暖差が大きくなりそうです。

15日〜20日の天気 いよいよ本格的な冬の寒さ到来

画像B

15日頃は低気圧や前線の影響を受けて、全国的に曇りや雨となるでしょう。16日は関東以外はほとんどの所で雨が降りそうです。17日には北海道で雪となるでしょう。

18日頃からは北海道や東北、北陸は雪が降りやすいでしょう。太平洋側は晴れる日が続きますが、最高気温は、北海道は連日の真冬日、関東から九州も10℃前後でしょう。

今週の暖かさとは一転して、一気に本格的な冬の寒さが続く見込みです。気温のアップダウンが大きくなりますので、体調管理にお気をつけください。