この先は前線や低気圧の影響で、太平洋側でも雨の降る日があるでしょう。日々の気温の変化が大きくなりそうです。関東以西ではスギ花粉の飛散にも注意。

太平洋側も度々雨 2月1日は北日本は暴風雪の恐れ

画像A

30日(火)は、日本付近は高気圧に覆われて、全国的に晴れるでしょう。

31日(水)は前線が西から次第に延び、九州から近畿で雨が降りだしそうです。2月1日(木)は、前線は⻄⽇本から東⽇本の太平洋沿岸付近にのびて、東海にも雨雲がかかるでしょう。

また、2月1日(木)は低気圧が北海道の東で発達し、冬型の気圧配置が強まる見込みです。北海道や東北の日本海側は雪が降り、風も強まって、暴風雪となる恐れもあります。北陸も雨から次第に雪に変わるでしょう。2日(金)も北海道から北陸は雪が降る見込みです。路面状況の悪化にご注意ください。

3日(土)は高気圧に覆われて、晴れ間の出る所が多いでしょう。4日(日)から5日(月)は前線上の低気圧が本州付近を進む予想です。4日(日)は西から天気が下り坂で、5日(月)は九州から関東、北陸にかけて広く雨が降り、降り方の強まる所もあるでしょう。関東甲信の山沿いや岐阜県の山沿いを中心に雪の降る所もありそうです。東北は平地でも湿った雪が降るでしょう。

最高気温は31日(水)までは平年より高い所が多い見込みです。積雪の多く残る所では雪崩や屋根からの落雪にご注意ください。2月1日(木)は寒気が流れ込み、日本海側から次第に気温がダウン。太平洋側も夜は冷えるでしょう。寒暖差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。

北海道〜北陸は雪や雨の降る日が多い

画像B

6日(火)も前線の影響で、九州から東北は雨や雪の降る所が多いでしょう。

8日(木)以降は北海道から北陸で雪の降る日が多くなりそうです。太平洋側は晴れる日が多くなるでしょう。

6日(火)以降の最高気温は平年並みの日が多い見込みです。

まもなくスギ花粉シーズン

画像C

東京都内では、今シーズンは、まだスギ花粉の飛散開始(飛散開始日とは、 1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した最初の日)とはなっていませんが、少量の花粉が飛んでいます。

東京都保険医療局「東京都アレルギー情報navi.」のデータによりますと、1月4日以降のスギ花粉の累積値は千代田で0.6個/cm2、多摩で3.0個/cm2などとなっています(千代田は1月22日まで、多摩は1月25日までの値)。

今年のスギ花粉シーズンは例年並みか例年より早いスタートとなる予想です。2月上旬に九州・四国・中国・東海・関東甲信の一部でスギ花粉の飛散開始となるでしょう。

花粉に敏感な方は対策をしておくと安心です。