今日31日は、西日本を中心に所々で雨が降っています。今夜にかけて九州〜東海の太平洋側を中心に、雨のエリアが広がるでしょう。発達した雨雲は海上が中心で、降り方は比較的弱い見込み。低気圧が近づく北日本は、夕方以降は日本海側を中心に雪や雨が降り、次第に風も強まる。

今日31日 西日本の所々で雨

画像A

今日31日は、東シナ海から九州南部に前線が延びています。湿った空気が流れ込んでいる西日本を中心に所々で雨が降っています。
鹿児島県種子島の中種子町で午前9時46分までの1時間に16.5ミリのやや強い雨を観測しました。九州では福岡市など一部で雨脚がやや強まっている所があります。

また、日本海には低気圧があり、発達しながら東へ進んでいます。

今夜 太平洋側で雨エリア広がる

画像B

今夜にかけて九州〜東海の太平洋側を中心に、雨のエリアが広がるでしょう。外出時に雨が降っていなくても、午後は念のため、傘があると安心です。
関東も今夜は神奈川県や千葉県など沿岸を中心に雨の降る所がありそうです。ただ、発達した雨雲は海上が中心で、降り方は比較的弱いでしょう。

今夜〜明日2月1日 北日本で暴風雪の恐れ

画像C

低気圧や前線が近づく北日本は、今日31日、夕方以降は日本海側を中心に雪や雨が降る見込みです。北海道は日本海側を中心に次第に風が強まるため、車を運転する際などは十分ご注意ください。

明日2月1日にかけて、低気圧が発達しながら北海道付近を通過するため、北海道や東北は、暴風や暴風雪に注意、警戒が必要です。
猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害などにご注意ください。

気温の乱高下に注意 都心は春本番の陽気から真冬の寒さへ

画像D

明日2月1日は、前線や低気圧の通過後は、北日本を中心に冬型の気圧配置が続き、日本海側では局地的にまとまった雪が降るでしょう。
輪島など地震の被災地でも、明日1日は、再び雪や雨が降りそうです。少しの雨でも土砂災害などにご注意ください。

関東や東海は晴れて、明日1日朝まで雨の所がありますが、日中は晴れて更に気温が上がる見込みです。東京は17℃の予想で、4月上旬並みでしょう。
ただ、その後2日は一気に気温が下がり、最高気温が8℃と真冬の寒さです。寒暖差にご注意ください。
九州など南に停滞する前線の影響を受けて、曇りや雨のすっきりしない天気が続きそうです。