今日2日は、関東などで最高気温が前日より大幅に低下。春の暖かさから真冬の寒さへ。西日本は太平洋側を中心に所々で雨。北日本の日本海側は雪で、ふぶく所も。

沿岸の地域 強風や高波に注意

画像A

今日2日は、次第に冬型の気圧配置が緩みますが、上空には寒気の流れ込みが続きます。一方、南の海上には前線がのびて、日本海側だけでなく、太平洋側でも雨や雪の降る所があるでしょう。

また、等圧線の間隔が狭く、全国的に風の強い状態が続きます。沿岸の地域を中心に、強風注意報や波浪注意報が発表されています。引き続き、ご注意ください。

北日本は雪 西日本は午前を中心に雨

画像B

今日2日は、北海道は日本海側を中心に、断続的に雪が降りそうです。東北の日本海側も、朝晩は所々で雪が降るでしょう。昨日1日のような猛吹雪にはならない見込みですが、ふぶいて見通しが悪くなる所もありそうです。積雪や凍結による交通への影響にご注意ください。太平洋側は晴れますが、山沿いを中心に雪雲が流れ込むでしょう。

北陸は雲が広がりやすく、朝晩は新潟県を中心に雪が降りそうです。関東甲信や東海は、おおむね晴れるでしょう。空気の乾いた状態が続くため、火の取り扱いに注意が必要です。

近畿から九州は晴れ間も出ますが、午前中ほど雲が多いでしょう。前線に近い九州南部や四国は、昼頃にかけて雨が降りそうです。日本海側も、所々で雨や雪が降るでしょう。

沖縄は、昼頃までは広く晴れる見込みです。ただ、本島地方や八重山地方では、昼過ぎから雨の降る所があるでしょう。

前日との気温差大 急な寒さへの対策を

画像C

最高気温は、昨日1日より低い所がほとんどで、関東では真冬の寒さが戻るでしょう。

沖縄は日差しで気温が上昇。那覇では3日連続で、最高気温が25℃以上の夏日になりそうです。九州と四国は15℃前後まで上がる所もあり、雨が降っても平年より気温が高いでしょう。

中国地方や近畿は10℃くらいの所が多く、昨日と同じか2℃ほど低くなりそうです。

東海や関東甲信、東北の太平洋側は、昨日の暖かさから一転。空気は冷たいままでしょう。東京都心の最高気温は8℃と、真冬の寒さになりそうです。

北陸は5℃くらい、東北の日本海側は0℃から2℃くらいの所が多いでしょう。北海道は、最高気温が0℃未満の真冬日が続きそうです。日中も凍てつくような寒さが続きますが、昨日のように朝から気温が下がり続けることはないでしょう。

北よりの風が吹きつけて、気温以上に寒く感じられます。服装選びの際は、上の図の「服装指数」を参考にしてください。