メイン画像

明日5日から6日にかけて、再び日本の南を低気圧が通過します。西・東日本は広く雨や雪となり、中でも関東では大雪となるおそれがあります。お帰りの時間帯を直撃する予想のため、交通への影響に特に注意が必要です。

週明けに南岸低気圧通過

画像A

この先一週間は、日本の南を前線や低気圧が通過しやすい見込みです。

明日5日(月)は南岸低気圧の影響で、西日本や東日本で天気が崩れます。低気圧や前線に近い九州南部では午前中、非常に激しい雨や雷雨となる所がありそうです。また、新潟や東北も寒気の影響で雪が降りやすい予想です。

6日(火)も東日本の太平洋側で南岸低気圧の影響が続き、関東を中心に雨や雪となりそうです。

なお、能登半島も低気圧に伴う雨雲がかかり、週明けに雨やみぞれが降る見込みです。地盤の緩んでいるため、引き続き少しの雨でも土砂災害に注意してください。

東京23区でも積雪か

画像B

関東地方は明日5日の午後から、天気が次第に崩れます。夜になるにつれて雨から雪に変わり、東京都心でも雪が降る予想です。

6日かけて雪が強まって、山沿いでは大雪となる見込みです。また、平野部でも東京23区を含む広い範囲で積雪となり、大雪となるおそれがあります。

6日朝までの24時間に降る雪の量は、多い所で、北部の山地20〜40センチ、北部の平地10〜20センチ、箱根から多摩地方や秩父地方20〜40センチ 南部の平地5〜10センチ、東京23区1〜5センチと予想されています。

東京23区などで積雪となった場合、交通へ大きな影響が発生します。すでに予防的通行止めの可能性を発表している道路もあります。雪の降り始めがお帰りの時間帯と重なるため、特に注意が必要です。

週後半は晴れ間

画像C

7日(水)以降は、西・東日本・東北の太平洋側を中心に晴れ間の出る日が多くなります。ただ、日本の南を前線や低気圧が通過するタイミングで、多少雲が増える見込みです。

一方、日本海側は寒気の影響を受け、北陸は天気が短い周期で変わりそうです。東北の日本海側は、すっきりしない天気が続く見込みです。

週前半は寒さ厳しい

週明けは低気圧が通過する影響で、近畿から北日本を中心に、気温が低くなります。東京の5日と6日の最高気温は5℃で、昼間も寒さが厳しい見込みです。

週の中頃になると気温が少し上がり、全国的に平年並みとなる日が多い予想です。ただ、一年で最も寒い時期ですので、この先も寒さ対策をしっかりとした方がよさそうです。