今日7日(水)は、太平洋側は日差しの届く所が多いものの、関東甲信や東北南部は昼頃にかけて濃い霧がかかって見通しの悪くなる所があるでしょう。車の運転は注意を。日本海側では雪や雨の降る所が多く、北陸から山陰は夕方にかけて雷を伴い雨脚が強まることもありそうです。

太平洋側は一部で濃い霧 日本海側は落雷や突風注意

画像A

今日7日(水)は冬型の気圧配置で、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過します。

北海道や東北は日本海側で雪が降り、晴れる太平洋側もにわか雪の所があるでしょう。東北南部では昼前にかけて濃い霧が発生する所がありそうです。

関東甲信は広く日差しが届く見込みです。雪がとけた所も濡れた路面が凍結している可能性があります。また、午前5時現在、広く濃霧注意報が発表されており、昼前までは濃い霧がかかって見通しの悪くなる所があるでしょう。通勤・通学の際は路面の凍結や濃霧にご注意ください。

北陸は雨が降りやすく、山沿いでは雪が降るでしょう。大気の状態が不安定になるため、急に雨脚が強まったり、雷が鳴ったりしそうです。突風にも注意が必要です。
東海は晴れる所が多いですが、静岡では朝までにわか雨。また、山沿いで雪の降る所がありそうです。

近畿や中国地方は全般に雲が多く、すっきりしない天気です。日本海側では雨や雪が降ったりやんだりで雷を伴うでしょう。
四国も雲が広がりやすいものの、太平洋側を中心に日差しが届く見込みです。
九州は昼頃にかけて所々で雨が降るでしょう。午後は次第に晴れ間が広がってきそうです。

沖縄は断続的に雨で、八重山地方では午後、激しい雨や雷雨となる所があるでしょう。

この時期らしい寒さ

最高気温は平年並みの所が多く、この時期らしい寒さでしょう。

北海道や東北は昨日より3℃前後高く、札幌は1℃と三日ぶりにプラスとなりそうです。
関東は昨日より3℃から6℃くらい高く、10℃前後の予想です。厳しい寒さは幾分和らぐでしょう。
甲信や北陸は5℃前後、東海は11℃前後の予想です。
近畿から四国、九州は昨日よりやや低くなるでしょう。10℃に届かない所もありますので、寒さ対策を万全にしてください。
沖縄は20℃前後の予想です。