今日7日、東京都心の最高気温は昨日より4℃ほど高い9.6℃となり、ようやく厳しい寒さから解放されました。明日8日も太平洋側は広く穏やかに晴れて、今日以上に日差しにぬくもりを感じられる所も。日本海側は所々で雪が降り、沖縄は雨。この先は気温が上昇し、春が急接近。

今日7日 関東は厳しい寒さゆるむ

画像A

今日7日(水)の最高気温は、昨日6日(火)に比べて高くなった所が多くなりました。
雪で極寒となった関東も寒さが和らぎ、最高気温は東京都心は昨日より約4℃高い9.6℃、水戸市は6℃高い9.9℃でした。

仙台市では8.9℃、札幌市では1.2℃と昨日より5℃前後高くなった一方、福岡市では昨日より3℃低い9.8℃でした。

明日8日 太平洋側は広く晴れ 日本海側で雪や雨の所も

画像B

明日8日(木)も日本付近は弱い冬型の気圧配置が続くでしょう。
日本海側は雲が広がりやすく、所々で雪や雨が降りそうです。気圧の谷が通過する北海道は日本海側を中心に局地的に雪の降り方が弱まるでしょう。北陸も断続的に雪や雨が降ったりやんだりとなりそうです。

太平洋側は広く穏やかな晴天が続き、今日より更に日差しにぬくもりを感じられる所が多くなるでしょう。
東京都心の最高気温は10℃の予想で、10℃以上になれば2月3日(土)以来、5日ぶりとなります。朝晩は冷えるため、路肩や日陰の凍結にはまだ引き続き注意が必要です。

明日8日朝は、日本の南に前線を伴った低気圧が発生する見込みで、湿った空気の流れ込む沖縄は、断続的に雨が降るでしょう。

来週は「南高北低型」で気温アップ 週の半ばは20℃近い所

画像C

この先の週間天気図を見ると、3連休にかけては、北日本付近を低気圧が通過し、日本海側を中心に雨や雪の降る日があるでしょう。

3連休最終日となる12日(月)頃から、日本付近は大きな移動性の高気圧に南から覆われる見込みです。高気圧の北側の低気圧に向かって、暖かな春の空気が流れ込んで、気温が急上昇するでしょう。週の中頃となる14日(水)のバレンタインデーは九州から関東、北陸では18℃以上の気温となる所が多く、中には20℃に迫る所もありそうです。

一気に春が急接近し、花粉が本格的に飛び始める可能性があります。花粉の症状のある方は、心構えをして早めの対策をすると安心です。朝晩と日中の気温差がこれまで以上に大きくなりますので、寒暖差には十分ご注意ください。