関東地方は明日からの3連休は広く日差しが届くものの、11日(日)は沿岸部の一部で雨、山沿いでは雪が降るでしょう。連休明けは気温が大幅に上がり、最高気温は20℃前後の予想です。15日(木)は関東地方で「春一番」が吹く可能性もあります。

3連休は日差しが届く 11日(日)は折りたたみの傘がお守りに

画像A

明日10日(土)から12日(月)にかけて、本州付近は高気圧に覆われる見込みです。関東地方は広く日差しが届くでしょう。ただ、明後日11日(日)夜〜12日(月)は、大気の状態が不安定となり、南部を中心に一時的に雨が降る可能性があります。また、北部の山沿いでは、雪になる所もあるでしょう。不安な方は折りたたみの傘があると良さそうです。

最高気温は12度前後で、2月下旬から3月上旬並みの所が多いでしょう。この時期としては暖かく、日中は日差しの温もりを感じられそうです。

連休明けは気温上昇 春本番の暖かさに

画像B

13日(火)〜15日(木)も、おおむね晴れる見込みです。
日本付近は南高北低の気圧配置で、南から暖気が流れ込むでしょう。3連休明けは気温がグッと上がり、最高気温は関東地方の各地で、20℃前後の予想です。春本番の暖かさになるでしょう。積雪の多い地域では、雪崩(なだれ)や屋根からの落雪にご注意ください。

また、気温の上昇に伴い、来週以降は本格的なスギ花粉飛散が始まる見込みです。
風が強く急に暖かくなる日があると、花粉の飛散量が一気に増えて、ピークの時期が早まることも考えられます。ピークを迎える前から、万全な花粉対策を心がけるようにしましょう。

15日(木) 関東で「春一番」の可能性も

画像C

14日(水)〜15日(木)にかけては、日本海で低気圧が発達し、関東付近は南寄りの風が強まるでしょう。現時点では、沿岸部で強風が予想されていますが、東京都心まで強風のエリアが広がると「春一番」が吹く可能性があります。交通機関に影響が出るおそれもあるため、今後の情報にご注意ください。

関東 春一番の条件は?

画像D

「春一番」とは、冬から春への移行期に、初めて吹く暖かい南よりの強い風のことです。
地方によって定義が異なりますが、関東の「春一番」の条件は、

◎立春から春分までの期間であること。
◎日本海に低気圧があること。(発達すればより理想的)
◎東京で東南東から西南西の風が最大風速8.0m/s以上吹くこと。
◎前日より最高気温が高いこと。

とされています。