3連休の中日、明日11日(日:建国記念の日)は、寒気の影響で大気の状態が不安定。西日本は所々で雨や雷雨、関東など東日本も、午後はにわか雨やにわか雪にご注意下さい。

11日(日:建国記念の日)は寒気の影響で不安定 12日(月:振替休日)は広く晴れ

画像A

3連休の2日目、明日11日(日:建国記念の日)は、西日本の上空5500メートル付近には平年より10℃以上低い、マイナス30℃以下の強い寒気が流れ込む見込みです。

このため、西日本では大気の状態が非常に不安定となり、局地的に積乱雲が発達する見込みです。関東など東日本でも、午後は天気の急変にご注意下さい。

12日(月:振替休日)は、西から高気圧に覆われ、広い範囲で晴れる見込みです。

11日(日:建国記念日)の天気

画像B

九州や中国・四国では、昼過ぎにかけて所々で雨や雷雨となるでしょう。標高の高い山では、湿った雪となりそうです。大気の状態が非常に不安定なため、落雷や竜巻などの突風、降雹に注意が必要です。近畿は昼過ぎから、所々で雨や雷雨となりそうです。北陸以北の日本海側では、朝晩を中心に雪や雨が降るでしょう。

最高気温は、四国や東海などで15℃超えの所もあった今日10日(土)より低い所が多いでしょう。九州〜関東でも10℃前後と、この時期らしい寒さが戻りそうです。福岡市は10℃、大阪市と名古屋市は11℃、東京都心は12℃の予想です。

関東 にわか雨やにわか雪に注意

画像C

東海や関東では、11日(日:建国記念の日)午前は晴れますが、午後は大気の状態が不安定。夕方からは、にわか雨やにわか雪にご注意下さい。大気の状態が不安定なため、「あられ」や「ひょう」が降る可能性もあります。落雷や突風に注意して下さい。箱根などでは、湿った雪となるため、峠を越える車は冬装備を万全に行いましょう。12日(月:振替休日)の朝にかけて、雨や雪の降る所があるでしょう。

にわか雨やにわか雪が降ったあとは、一気に気温が急降下となる所もありそうです。空模様の変化、気温の急降下にご注意下さい。

連休最終日の12日(月:振替休日)の日中は、全国的に晴れる所が多い見込みです。

雷の前兆

画像D

雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがあります。早めに頑丈な建物の中に移動するなど、安全を確保するようにしてください。

路面の凍結 特に注意すべき所は

画像E

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。

(1)橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は、他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいので、かなり危険です。
(2)トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。
(3)交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。
(4)日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。