明日15日は秋田県を中心に大雨の恐れがあり、雪解けも進みます。低い土地の浸水やなだれ、川の増水などに十分ご注意ください。雨のあとは一時的に冬の寒さが戻ります。春と冬がせめぎ合う一週間となりそうです。

明日15日は秋田中心に大雨

明日15日も東北地方は季節外れの暖かさが続きますが、暖かな空気は水蒸気をたくさん含み、秋田を中心に大雨になる恐れがあります。
東北北部に前線が延びて、前線上に発生する低気圧が夜に通過する見通しです。
東北日本海側は、早い所は明日未明から雨が降りだし、夜にかけて降り方が強くなり、雷を伴う所もあるでしょう。特に、大平山周辺では15日夕方までに100mm前後の雨が予想され、この時期としては雨量がかなり多くなる予想です。雪解けも進むため、低い土地の浸水や雪崩、川の増水などに十分注意をしてください。
また、風も各地で強まり、太平洋側では明日から明後日16日にかけて暴風警報が発表される可能性もあります。交通への影響にもご注意ください。

雨を境に冬の寒さへ

画像B

こちらは仙台と秋田の予想気温です。明日15日までは南風で春の暖かさですが、雨を境に夜から気温がぐっと下がります。明後日16日は、仙台でも日中は5℃くらいと冬の寒さが戻り、冷たい風が一層体温を下げるでしょう。真冬の防寒対策が必要です。

週明けはゴールデンウィーク頃の暖かさ

画像C

このさきは、春の陽気と冬の寒さが交互にやってきます。
真冬の寒さが戻る16日は、日本海側は朝にかけて雪の降る所もありますが、17日から19日はおおむね晴れて再び気温が上がっていくでしょう。暖かさのピークは東北北部で19日頃、日中は15℃以上でしょう。東北南部は1日遅れて20日頃、仙台や福島は20℃に達する予想です。昼間はゴールデンウィーク頃の気温で、花粉症の方は対策がかかせません。また、朝晩との寒暖差は大きいので注意しましょう。
一方、週明けに北から降り出す雨を境に、再び寒さが戻りそうです。

次の3連休は真冬の寒さに

画像D

22日以降は寒気が強まり、朝は東北各地で氷点下の冬日が多くなりそうです。
最高気温は東北南部でも5℃程度の日が多い見込みで、青森の23日は日中も氷点下の真冬日予想です。次の3連休は真冬の寒さとなりそうです。体調管理には十分ご注意ください。