今日15日は、日本海を低気圧が発達しながら東へ進み、全国的に南風が強まり、関東地方と北陸地方で「春一番」が発表。気温も一気に上がり、仙台市でと東京都心は21.1℃まで上昇。仙台市では5月下旬並みとなり、2月とは思えない気温に。都心でも今年初めての20℃超え。

今日15日 関東・北陸で「春一番」が発表

画像A

今日15日は、日本海を低気圧が発達しながら東へ進んでいます。
全国的に南寄りの風が強まり、特に風が強まった関東地方と北陸地方、四国地方で「春一番」が発表されました。昨年に比べていずれも早く、北陸地方では13日早く、関東地方では14日早く、四国地方では4日早い発表となりました。

南風が強まるとともに、気温も一気に上がりました。
午後3時までの最高気温は、九州から東北南部まで20℃前後まで上がり、昨日14日に続き、季節外れの暖かさとなりました。

特に、東北南部の最高気温が平年を大幅に上回り、仙台市は21.1℃まで上昇し、5月下旬並みの気温に。仙台市や山形市など、東北南部を中心に2月としては観測開始以来1位の値を更新した所もありました。

東京都心では21.1℃と4月下旬並みに、金沢市では20.7℃まで上がり、5月上旬並みでした。
2月に20℃以上になるのは、仙台市では8年ぶり、東京都心では3年ぶり、金沢市では14年ぶりのことです。

一方で、北海道や東北北部の最高気温は、昨日14日に比べて8℃前後低く、3月上旬から中旬並みの気温となりました。

明日16日は気温大幅ダウン 15℃以上低くなる所も

画像B

明日16日にかけて、日本海から前線が南下するでしょう。
九州や中国、四国、近畿は今夜遅くにかけて、東海や北陸、関東は明日16日朝にかけて、大気の状態が非常に不安定です。急な強い雨や落雷、竜巻などの突風にご注意ください。
日中は日が差した関東も今夜は風に加えて、雨も強まり、荒れた天気になるでしょう。明日16日朝にかけて一時的に雨が強まったり、雷雨になったりする所がある見込みです。帰宅時間帯は、風も強い状態が続きますので、十分ご注意ください。

また、今日15日は南寄りの風だったのが、次第に北寄りの風に風向きが変わってきます。体感がガラッと変化しそうです。
予想最高気温は今日より大幅に低くなる所が多く、仙台市は16℃も低い5℃、金沢市は14℃低い7℃、東京都心も8℃低い13℃の予想です。
昼間も暖かい冬のコートやマフラーが手放せません。激しい寒暖差にも注意してください。