この先1週間は、冷たい雨や雪の降る日が多いでしょう。北日本は週明けに荒れた天気になるおそれ。季節外れの陽気から一転。真冬の寒さの日もあり、激しい寒暖差にご注意を。

西・東日本は雨 北日本は雪

画像A

明日21日(水)以降も前線や低気圧の影響で、全国的に曇りや雨の日が多いでしょう。

明日21日(水)の夜には九州の西に低気圧が発生し、22日(木)にかけて本州付近を東へ進む予想です。九州から関東甲信、北陸では断続的に雨が降るでしょう。九州南部など、2日間で降水量が100ミリを超える所もあるなど、まとまった雨になりそうです。東北は平地でも雪の降る所が多く、明日21日(水)夜から22日(木)朝にかけて雪の降り方が強まるでしょう。東北南部は、仙台など平野部でも5〜10センチ程度の雪が積もる可能性があり、路面の状態が悪くなりそうです。

23日(金・天皇誕生日)は九州から関東の太平洋側で雨が降るでしょう。関東は雨か雪の予想で、気温が予想より下がった場合は平地でも雪の範囲が広がる可能性があります。最新の予報を確認してください。北日本は雪が降り、冷たい風が吹きつけそうです。24日(土)は日の差す所が多いでしょう。

25日(日)以降 低気圧が急発達

画像B

25日(日)以降は低気圧の動向に注意が必要です。

25日(日)から26日(月)は、低気圧が発達しながら本州の南を東よりに進むでしょう。25日(日)は西から雨の範囲が広がり、九州から関東は太平洋側を中心に風も強まりそうです。

低気圧は、26日(月)から27日(火)にかけて、さらに発達するでしょう。東北や北海道は広く雪が降り、太平洋側でも大雪や荒れた天気となるおそれがあります。

冬の寒さが戻る 寒暖差に注意

画像C

今日20日(火)は、群馬県高崎市上里見で最高気温25.7℃を観測するなど、本州では今年初めての夏日(最高気温25℃以上)になった所がありました。たた、季節外れの陽気が一転して、明日21日(水)は冬の寒さが戻るでしょう。

この先1週間、最高気温は全国的に平年並みの日が多くなりそうです。明日21日(水)の朝は、今朝より冷えるものの、この時期としては暖かい所が多いでしょう。ただ、日中の気温の上がり方は鈍く、最高気温は東京都心で9℃と、今日より大幅に低い予想です。関東は23日(金・天皇誕生日)にかけて、日ごとに寒さが厳しくなるでしょう。

24日(土)は、いくぶん寒さが和らぎそうです。25日(日)は雨が降る太平洋側を中心にグッと寒くなり、日中でも気温はひとケタの所が多いでしょう。26日(月)から27日(火)にかけては、北よりの風が吹きつけるため、気温より寒く感じられそうです。服装でうまく調節してください。

服装指数は、予想気温からどのような服装が適しているか提案するものです。来週のはじめにかけては、日中でも冬のコートやダウンジャケットが必要な所が多いでしょう。人により暑さや寒さの感じ方が異なりますが、お出かけする時間帯に合わせて、服装でうまく調節してください。