今日20日は、気象庁からこの先の3か月予報と夏の暖候期予報が発表。今夏も全国的に気温が高く、「猛暑」となる可能性があります。春の終わりから気温が高く、早めの熱中症対策が必要です。梅雨時期の降水量は、沖縄・奄美や西日本の太平洋側で平年並みか多く、大雨災害に注意。

この夏も猛暑か 梅雨の降水量は沖縄・奄美や西日本ほど多め

画像A

今日20日は、関東や東海を中心に初夏の陽気となりましたが、明日21日は一気に真冬の寒さに逆戻りします。季節の変わり目で目まぐるしい気温変化となりますが、そんな中、気象庁からこの先の3か月予報と夏の暖候期予報が発表されました。

今年の夏は、地球温暖化や春まで続くエルニーニョ現象の影響等により、全球で大気全体の温度がかなり高いでしょう。春まで続くエルニーニョ現象の影響等により、インド洋熱帯域で海面水温が高く、積乱雲の発生が多い見込みです。この影響で、日本の南では太平洋高気圧の西への張り出しが強まり、日本付近には太平洋高気圧の縁を回って、暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。これらのことから、日本付近は、暖かい空気に覆われやすくなる見込みです。

この理由から、全国的に気温が高い見込みで、この夏もまた「猛暑」となる可能性があります。
また、暖かく湿った空気が流れ込んで、西日本太平洋側と沖縄・奄美を中心に、梅雨前線の活動が活発となる時期があり、梅雨時期の降水量は、西日本の太平洋側と沖縄・奄美で、平年並みか多いでしょう。大雨シーズンに平年に比べて雨量が多くなる可能性があるため、災害の発生などには警戒が必要です。

3月〜5月の気温 西ほど平年よりも高い

画像B

新年度とともに、西から気温が高くなり始めそうです。

3月〜5月にかけての3か月予報によると、3月は全国的に気温は平年並みとなるでしょう。今日20日のように急に季節外れの暖かさとなる日もあれば、また冬に逆戻りするなど、寒暖差が激しくなりそうです。
4月は沖縄・奄美で気温は平年よりも高く、西日本で平年並みか高いでしょう。東日本や北日本は平年並みとなりそうです。
5月も沖縄・奄美で気温は平年よりも高くなり、西日本から東日本で平年並みか高いでしょう。暑くなる時期が西ほど早まりそうです。
春の終わりごろから、早めの熱中症対策が必要でしょう。

春から熱中症に注意を

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 暑くなり始めの頃から、暑さに備えて体づくりを行いましょう。「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる運動を、毎日30分程度行い、体を暑さに慣れさせてください。
② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。
③ 暑さを我慢せず、エアコンを使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。

3月〜5月の降水量 沖縄・奄美で平年並みか多い

画像D

3月〜5月にかけての3か月予報によると、降水量は沖縄・奄美で3月と5月に平年並みか多い予想です。ほかは、平年並みでしょう。
これから気温が上がるにつれて、一度に降る雨の量も多くなってきます。雨が予想される日には、降り方や量などに注目して、対策を行ってください。

明日21日は広い範囲で雨が降る見込みです。九州北部や北陸、東海などで警報級の大雨となる可能性があります。沿岸部ほど風も強まりますので、ご注意ください。