この先も前線や低気圧の影響で雨や雪の降る日が多いでしょう。3連休初日の23日(金)天皇誕生日は関東甲信では山沿いを中心に雪が降り、平野部でも雪のまじる所がありそうです。25日(日)から27日(火)は東日本や北日本で荒れた天気となる恐れがあります。

前線や低気圧の影響で雨や雪の降る日が多い

画像A

22日(木)も前線が西日本から東日本の南岸沿いに停滞するでしょう。九州では午前中は雨や雷雨で、激しい雨の降る所がありそうです。中国、四国から関東は雨が降ったりやんだりするでしょう。夜は関東の山沿いでは雪の降る所もありそうです。北陸は雨や雪が断続的に降るでしょう。東北は明け方まで雪で、南部を中心に大雪の恐れがあります。交通機関の乱れにご注意ください。

3連休初日は関東で雨や雪 日曜日から火曜日は荒天の恐れ

画像B

23日(金)天皇誕生日は、関東甲信では山沿いを中心に雪が降り、平野部でも雪がまじりそうです。今のところ、降る量は多くなく、平野部では積雪となることはない見込みです。ただ、関東の雪は気温の少しの違いで、予想が大きく変わりますので、最新の情報を確認してください。

24日(土)は雲が多めながらも晴れ間のでる所が多い見込みです。

25日(日)から26日(月)は前線を伴った低気圧が発達しながら関東沖から日本の東へ進むでしょう。27日(火)にかけて冬型の気圧配置が強まる予想です。25日(日)から26日(月)は近畿から関東では太平洋側を中心に雨や風が強まるでしょう。岐阜県や関東甲信の山沿いを中心に雪が降り、積雪となる所がありそうです。今のところは平野部は雨が主体となるでしょう。北陸から北海道は27日(火)にかけて雪や風が強まり、荒れた天気となる恐れがあります。

この先も最高気温は平年並みか低いでしょう。東京都心でも最高気温が10℃に届かず、真冬並みの寒さとなる日がありそうです。特に23日(金)天皇誕生日は日中も5℃しか気温が上がらず、厳しい寒さとなるでしょう。

低気圧や前線が通過 冬型の気圧配置に

画像C

29日(木)頃は新たな前線や低気圧の影響で、九州から関東は雨が降り、雨脚が強まる所もあるでしょう。3月1日(金)以降は再び冬型の気圧配置となり、寒気が流れ込む予想です。日本海側は雪や雨が降り、太平洋側は晴れ間のでる所が多いでしょう。

最高気温は平年並みの日が多くなりそうです。極端な暖かさはない見込みです。