今日26日は九州から東北にかけて雨や風が強まり、春の嵐となりそう。太平洋側の沿岸部を中心に局地的に激しい雨。関東は午後が雨風のピークに。東北は雪になる所も。

低気圧が急発達

画像A

今日26日は、前線上の低気圧が急速に発達しながら本州の南岸を東へ進む見込みです。今夜には関東の東に達するでしょう。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州から東北にかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。また全国的に風が強まるでしょう。春の嵐となりそうです。

太平洋側沿岸部で局地的に激しい雨

沖縄は雲が広がりやすく昼前に雨の降る所があるでしょう。九州から東北南部にかけての広い範囲で本降りの雨となりそうです。太平洋側の沿岸部を中心に局地的に活発な雨雲がかかり、激しく降ることもあるでしょう。

明日27日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
伊豆諸島 120ミリ、
近畿地方 100ミリの見込みです。

九州北部地方では、これまでの雨により地盤が緩んでいる所があり、土砂災害の危険度が高まりやすい地域があります。土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風にご注意ください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

関東は午後が雨風のピーク 東北は雪になる所も

画像C

九州や四国など西日本の雨は昼頃にかけてがピークで、夕方から次第に雨がやんで、ゆっくり天気が回復に向かいそうです。一方、関東などは夕方から夜に最も低気圧が近づくため、朝よりも午後のほうが雨や北風が強まるでしょう。東北は平地でも雪が降る所がありそうです。車の運転などご注意ください。一方、北海道は高気圧に覆われて、おおむね晴れる見込みです。

今日の最高気温

画像D

今日の最高気温は、沖縄は平年を上回り夏日になるでしょう。鹿児島や高知も20℃以上になりそうです。一方、九州北部や中国地方、近畿、東海、関東甲信、北陸、東北、北海道は平年並みか平年より低い所が多いでしょう。
東京は昨日25日よりも3℃低く10℃の予想です。北陸や東北は昨日25日より5℃前後低いでしょう。特に仙台は昨日25日より14℃も低い5℃の予想です。体感がガラッと変化して服装も大きく変わりそうです。昨日25日とそれほど気温の変化のない所でも、今日は一日雨で北風が強まるため、一層寒く感じられそうです。暖かくしてお出かけください。